X線とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:えっくすせん|英語名:X‐rays
カテゴリ:その他

1895年にドイツのヴィルヘルム・レントゲンが発見した、電磁波の一種です。

レントゲン写真はX線がフィルムに当たると、その部分が黒く変色するという性質を用いた画像診断です。フィルムと照射装置の間に立ち、X線を照射すると、皮膚や筋肉などの透過しやすい部分は黒く、X線を遮る骨などは白く映ります。肺炎や腫瘍ができると、その部分は透過しづらくなるので白い影として映ります。

またCTにも用いられます。レントゲン写真が一方から照射するのに対し、CTでは全方位から照射します。その時にどの程度体を透過したかをコンピュータで解析し、体が輪切りになったかのような断面の画像にします。

X線は放射線の一種ではありますが、レントゲン撮影やCTでは人体に影響を与えるよりもはるかに少ない線量を照射します。被曝や発ガンのリスクを心配する声も聞かれますが、それよりも画像解析によって病気の早期発見や正確な経過を得られることの方が多くのメリットがあるといえます。

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る