ビタミンEとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ビタミンE

印刷あとで読む
読み:びたみんいー|英語名:Vitamin E
カテゴリ:美容内科・美容漢方

ビタミンEは脂溶性のビタミンの一つです。強い抗酸化作用を持ち、体に老化などの害を与える活性酸素から体を守る効果や生活習慣病予防の効果があります。免疫機能を高め、体内に侵入してくる細菌やウイルスを排除するのに役立ちます。また血管拡張を促進し、血管内で血液が固まるのを防ぎます。

ビタミンEはトコフェノールとトコトリエノールに分けられ、8種類存在します。特にα-トコフェノールが最も強い活性を持ち、体内にあるビタミンEの90%を占めています。多くの食品に自然に含まれており、特にアーモンドなどのナッツ類、植物油に豊富には含まれいます。必要摂取量は年齢により異なり、成人男性の場合15mg程度が摂取推奨量とされています。

ビタミンEが不足した場合、神経症や筋障害の症状がみられることがあります。上限量は800mgほどで、一般的な食事でビタミンEを過剰摂取する場合はほとんどなく、過剰症摂取の危険性も少ないです。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る