下まぶたのたるみ取りとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

下まぶたのたるみ取り

印刷あとで読む
読み:したまぶたのたるみとり|英語名:
カテゴリ:目のくま・たるみ取り

目の下のシワやたるみは年齢を感じさせる大きな要素です。
この部位は比較的若いうちからたるみが生じてきます。

老化により目の下の皮膚・筋肉(眼輪筋)・眼窩隔膜が衰え、眼球の下にある眼窩脂肪が前方に突出して下まぶたの組織を押し出すため、ふくらみが出て目袋とよばれる目の下のたるみが生じます。
また、加齢とともに頬の皮膚が下垂し扁平化することで、下まぶたのふくらみがより強調され、たるみやクマとなることもあります。
目の下の脂肪量は人により異なり、生まれつき脂肪量が多い方もいますが、目の大きい方や頬骨が張っている方は目の下のたるみやクマが生じやすい傾向にあります。
目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着がより濃く見えてしまい、目の下のクマの原因ともなります。

ひとくちに「目の下のたるみ」といっても、その原因にはいくつかあり、美容医療での治療では、各症状に応じた治療法の選択が必要になります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る