トレチノインとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

トレチノイン

印刷あとで読む
読み:とれちのいん|英語名:Tretinoin
カテゴリ:ホームケア、美容皮膚科

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種で、表皮の細胞を活発化させる効果がある薬剤です。ターンオーバーを促すことから、しみやそばかす、ニキビ、しわなどの美肌治療に広く用いられます。

個人差はありますが、使用開始後1週間ほどで皮膚表面が剥離しはじめ、これを繰り返していくことで皮膚の生まれ変わりを早め、肌を改善させていきます。クリームやジェルに配合するトレチノイン濃度は0.01から0.1パーセント程度であり、肌質や症状に合わせて使用します。濃度が高いものはそれだけ皮膚への刺激が強いので、初めて使用する場合は低濃度のものからスタートし、状態に合わせて徐々に濃度をあげていく使用法が推奨されています。

トレチノイン使用中は肌が薄くなりバリア機能も低下するため、日中は紫外線に注意しなくてはいけません。肌が薄くなっている分、紫外線の影響を受けやすく、かえってしみそばかすを増やしてしまう可能性があるため、トレチノイン治療中は高SPF値のサンスクリーン剤の使用が必須です。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る