剪除法とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:せんじょほう|英語名:
カテゴリ:多汗症・ワキガ治療

剪除法とは、ワキガや多汗症患者の治療に用いられる施術です。

切開法とも呼ばれ、ワキガや多汗症の原因となる腋の皮下組織にあるアポクリン腺を直接除去する治療法のため大きな効果が見込めます。

施術の手順は、腋の下をメスで切開して皮膚を裏返してアポクリン腺を丁寧に除去します。多くのワキガ・多汗症治療はアポクリン腺を直接目視できないのに対し、剪除法は、治療を行う医師が目でアポクリン腺の存在を確認しながら確実に除去できるのが最大のメリットです。

長期的に見ても、大変効果が高く、重度のわきがに対して確実性の高い方法ではありますが、術後の傷痕など美容面の問題、十分な安静期間など、患者さんへの負担は必ずしも軽くはありません。

診察時に医師と充分に話し合うことが大切です。また、汗腺を見分ける経験や知識も必要な方法ですので、慎重なクリニック選びが重要になります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る