濃縮幹細胞とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

濃縮幹細胞

印刷あとで読む
読み:のうしゅくかんさいぼう|英語名:
カテゴリ:豊胸術、若返り、毛髪再生外来、再生医療

濃縮幹細胞とは、いろいろな細胞へ分化することができる幹細胞の濃度を高くした細胞です。
美容医療では、豊胸・若返り・毛髪再生などに利用されています。

たとえば豊胸手術では、濃縮幹細胞液と吸引した脂肪組織を混合したものを、皮下組織内に少量ずつ注入します。
幹細胞であるため、脂肪注入の効果や定着率が上がります。脂肪と幹細胞を上手く混在させて、生着率を上げているのです。

脂肪組織内に含まれている幹細胞を脂肪細胞から分離し、濃縮するためには特殊な酵素が必要となります。その酵素は、全世界的に見ると数種類しかありません。その中でも、人体に使用して良いとFDA(米国食品医薬品局)とCE(EU品質基準)から認可を受けているのは、セリューションシステムを開発したサイトリ・セラピューティクス社の、非動物由来の酵素のみです。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る