津液とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:しんえき|英語名:-
カテゴリ:美容内科・美容漢方

津液とは、「しんえき」と読み、東洋医学の用語で人体の分泌物(唾液・汗・涙など)をまとめて津液と呼びます。身体の中にある水分と体表から出る水分全般のことをいいます。別の言い方では、陰津、水液、水津、水温があります。

漢方において「気・血・水」は、人体を構成している基本的な物質と考えられています。「気」とは目に見えない生命エネルギー、「血」は血液、そして「水」は津液のことです。

東洋医学では、この気血水に、何らかのトラブルがあったときに病気になると考えます。気血水は、解剖生理学上の細胞や組織・体液とほぼ同義なので、気血水のトラブル=西洋医学における“病気”と考え方は共通しているかもしれません。

症状詳細
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る