Qスイッチレーザーとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

Qスイッチレーザー

印刷あとで読む
読み:きゅーすいっちれーざー|英語名:Q-switched laser
カテゴリ:美容皮膚科

Qスイッチレーザーとは、シミやあざなど皮膚の色素沈着を除去する医療用レーザーです。

694nmの波長を持ち、黒色又はこれに近い色にのみ反応する性質があることから色素沈着のない周辺の健康な肌にはダメージを与えることなく、効果的に皮膚内部のメラニン色素を破壊することができます。

また、照射を行う患部に於いては、素早く瘡蓋化し傷跡を残すことなく可能な限り炎症を抑えて安全に治療を行えます。

Qスイッチレーザーは、シミの中でも特に老人性色素斑(紫外線によるシミ)や雀卵斑(そばかす)の治療に高い効果を発揮し、他にもその性質からあざや黒又は青系のタトゥー、ホクロも隆起していないものであれば治療が可能です。一方肝斑については、シミの中でもメカニズムを異にしますので照射するとかえって濃くなる可能性がある為不向きです。

照射後には、瘡蓋が1週間程度で剥がれ落ち、その後1~2週間は医療用テープなどで保護する必要があります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る