挙筋腱膜縫縮法とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

挙筋腱膜縫縮法

印刷あとで読む
読み:きょきんけんまくほうしゅくほう|英語名:
カテゴリ:目のくま・たるみ取り

挙筋腱膜縫縮法について説明するにあたりまずは眼瞼下垂という症状について把握しておく必要があります。眼瞼下垂はまぶたを持ち上げるための眼瞼挙筋と呼ばれている筋肉のパワーが何らかの原因によって衰えてしまい、いわゆる「半開き」の状態になってしまうため、どうしても無意識のうちに「目つきが悪く見える」「眠そうでけだるい印象を与えてしまう」ということに繋がってしまいます。

さらにまぶたを無理に持ち上げようとして筋肉が働くことによって、慢性的な頭痛や肩こり、眼精疲労などの原因にもなるのです。そんな厄介な眼瞼下垂を治すために生み出された優れたオペ技術こそが挙筋腱膜縫縮法です。

挙筋腱膜縫縮法はまぶたの表側を切開した上で、眼瞼挙筋の表側から縫合するというオペの方法であり、筋肉の衰えの改善ではなく直接皮膚を引き締めるようなイメージになりますので、より確実に眼瞼下垂を克服できる方法となっています。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る