眼窩脂肪とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

眼窩脂肪

印刷あとで読む
読み:がんかしぼう|英語名:Orbital Fat
カテゴリ:目のくま・たるみ取り

眼球が収納されている部位を「眼窩(がんか)」と呼び、眼窩脂肪と呼ばれる脂肪があります。年齢を重ねると眼球を囲む筋肉の衰えとともに目の下の脂肪は前方に押し出され、膨らみとなって目の下にぽっこりと出てきます。
この脂肪による膨らみは目袋ともいわれます。
放っておいても引っ込んだり進行が止まる事は一切なく年齢とともに進行していきます。
根本的な治療としては、この押し出された脂肪を切開手術により取り除くことが挙げられます。
「経結膜下脱脂法(けいけつまくかだっしほう)」は、下まぶたの裏側からアプローチして、脂肪をバランスよく切除する方法で、顔の表面に傷をつけず、術後の腫れも少ない方法です。目の裏の粘膜は回復が早いため、眼窩脂肪の膨らみによる目の下のくま、たるみ治療に適しています。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る