ナイアシンとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ナイアシン

印刷あとで読む
読み:ないあしん|英語名:Niacin
カテゴリ:美容内科・美容漢方

ナイアシンとは、水に溶けやすい水溶性ビタミンBの一つです。ビタミンB3とも呼ばれるニコチン酸およびニコチン酸アミドの総称で、必須アミノ酸のトリプトファンから体内で合成することもできます。

細胞がタンパク質や糖質、脂質からエネルギーを作り出す際に必要な酸化還元酵素を補助する働きをするため、これらの代謝にはナイアシンの存在が必要不可欠です。皮膚や粘膜を健やかに保つ働きをすることにもつながるので、ナイアシンが不足すると皮膚炎や口内炎、食欲不振や消化不良といった症状が起こり、ペラグラと呼ばれる欠乏症を発症します。

ナイアシンが多く含まれる食品は、カツオやサバ、イワシなどの青魚、レバーやササミなどの肉類です。魚類や肉類はタンパク質の豊富な食品でもあるため、同時にトリプトファンを摂取することにもなります。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る