バイオアイデンティカルホルモン補充療法とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

バイオアイデンティカルホルモン補充療法

印刷あとで読む
読み:ばいおあいでんてぃかるほるもんほじゅうりょうほう|英語名:
カテゴリ:美容内科

40歳を越えると次第に顕著になってくる症状として、更年期障害や記憶力の低下、免疫力の低下、不眠など様々なものが挙げられますが、その主な原因と考えられているのがホルモンバランスの乱れやホルモン分泌量の減少です。

バイオアイデンティカルホルモン補充療法とは、その減少していくホルモンを人工的に補充する治療方法です。合成ホルモンではなくナチュラルホルモンを用いるため、安全性についてもまずほとんど問題はありません。

またバイオアイデンティカルホルモン補充療法は「加齢に伴う様々な身体機能の低下」に対して、現状において唯一対抗しえる方法であることも研究で明らかになっているのです。

言うなればバイオアイデンティカルホルモン補充療法は、若い頃に比較して失っていくホルモンという重要な要素を、「人工的に補充してしまう」という単純明快でユニークな発想から生まれた方法であり、美容やアンチエイジング効果の面でも大いに期待され成果をあげています。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る