ルミキシルとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ルミキシル

印刷あとで読む
読み:るみきしる|英語名:Lumixyl
カテゴリ:ホームケア

ルミキシルとはスタンフォード大学の皮膚研究者により開発された、ルミキシルペプチドを配合した美白クリームです。アミノ酸からできているルミキシルペプチドには、シミの原因になるメラニンの生成に関わるチロシナーゼを阻害する作用があります。臨床試験では、医療機関でシミ治療に処方されることが多いハイドロキノンよりも、17倍高い有効性があることが確認されています。白斑といった部分的に白く色が抜けてしまう心配がなく、くすみのない透明感ある肌に整える次世代型のブライトニングコスメです。高機能美容液でありながら、肌に刺激が少ないアミノ酸を使用しているのでアレルギーや敏感肌の人にも使いやすく、皮膚のバリア機能を損なわないので紫外線ダメージを気にすることなく、夏でも使用を控える必要がありません。

使用方法は、朝晩の洗顔後、乾いた肌に豆粒大を肌全体に塗ります。美容液やクリームを使用する場合はルミキシルの後に使います。

モニター実験では8週目に著しい改善が認められ、16週後には50%の改善が認められています。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る