成長ホルモンとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

成長ホルモン

印刷あとで読む
読み:せいちょうほるもん|英語名:Growth Hormone
カテゴリ:美容内科

成長ホルモン(Human Growth Hormone;HGH)は、脳下垂体前葉にある細胞から分泌されるホルモンです。
血液にのって全身に運ばれています。成長ホルモンは身体のあらゆる成長に関わっており、主なものでは骨や筋肉の成長、代謝・血糖値のコントロール、アンチエイジング(若返り)、脂肪の代謝などがあげられます。また、タンパク質の合成を促し、損傷を受けた筋肉線維の修復を促す働きもあります。

成長ホルモンは子供に必要なホルモンのような印象がありますが、大人にとっても大切なホルモンです。成人してからの成長ホルモンはアンチエイジングをはじめ、ダイエットなどにも効果的に作用します。いつも若々しく見える人は、このホルモンの作用が強いということも考えられます。

最適値の成長ホルモンは、筋肉量を増やし、体脂肪量を減らします。医学雑誌に論文が発表されて以来、アンチエイジングの中心的役割を担っています。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る