クリトリス包茎とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

クリトリス包茎

印刷あとで読む
読み:くりとりすほうけい|英語名:Clitoris Phimosis
カテゴリ:婦人科のお悩み

クリトリス包茎とは、クリトリスの外側にある包皮と呼ばれる皮膚がクリトリスを覆いかぶさっている状態をいいます。

クリトリスは、小児のときは覆いかぶさっていますが、成長するとともにむけてきます。普段からクリトリスの3分の1から3分の2が露出している人もいれば、性的興奮によって勃起したときに包皮がむけてくる人もいます。常にクリトリスが包皮に覆われている、あるいはむけない状態であればクリトリス包茎です。

クリトリス包茎には仮性と真性の2種類があります。手でむけば包皮がむけることを仮性といい、むけずに覆われたままであれば真性といいます。包皮が被さっている状態が長く続くと、分泌物や恥垢がたまり臭いの原因になり、性交時の痛みや性感の弱まりから不感症にも及ぶ起因にもなりかねません。

女性の外陰部は複雑で陰茎が無い分排尿時に汚染しやすく、おりものや経血のために清潔さを保ちづらいです。恥垢が溜まり固まって、クリトリスの亀頭と包皮がくっついて真性になるケースがあります。

小陰唇が肥大している場合、クリトリス包茎も併発しているケースが多く見受けられます。これらは同時に治療することが可能です。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る