透明感とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:とうめいかん|英語名:
カテゴリ:美容皮膚科

見た目で感じられる、透き通るような状態を「透明感」といいます。光の照り返しからもたらされる視覚では、肌の表面の凹凸や、ソバカスやシミなどがある場合、部分的に明るさが欠けて暗く見えてしまいます。その結果、肌の明るさを感じ取ることはできず、艶と潤いの無い肌からは透けたような感覚も生まれません。このようなことから、色むらがあったり血行が思わしくなく黒ずんだ状態ではなく、色は均一できめも細かく整い、艶のある肌質は「透明感のある肌」と表現されます。

古くなった角質・汚れなどの定期的な除去、十分な保湿、毛穴の開きや帯状毛穴の改善、紫外線によるメラニン色素の増加を防ぐことなどが、透明感のある肌にとって重要なケア方法であり、肌にくすみを感じ始めるよりも先にこれらを行うことが必要といわれています。

透明感のある肌になるための代表的な美容成分は、コラーゲン・アミノ酸・プラセンタの他、ヒアルロン酸やポリフェノールなど、様々な種類があります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る