人工乳腺とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

人工乳腺

印刷あとで読む
読み:じんこうにゅうせん|英語名:Bag prothese
カテゴリ:豊胸術

生理食塩水・コヒーシブシリコン・CMC(ハイドロジェル)などを詰めたもののことを「人工乳腺」といいます。
内容物の量を調整して、腋からの挿入を行うことで、乳房の大きさ、形や柔らかさなどを理想通りにしやすくなります。様々な内容物の種類の中でも安全性の高いコヒーシブシリコンは、最も広く使用されています。安全性の高さに加え、極めて自然な触り心地と耐久性の高さなどが特徴です。日本で使用可能なコヒーブシリコンの種類は、メモリージェルやバイオセルなどがあります。

また最近では、マイクロチップ内蔵で入替えや抜去の際に最適な対応ができる最新式のバッグMotivaシリーズ「Ergonomix(エルゴノミックス)」が人気です。

人工乳腺を腋から挿入する際は、腋のしわに沿った切開を行い、大胸筋もしくは乳腺の下の挿入スペースをキープします。挿入した後に胸の形を整え、皮膚を縫い合わせます。
人工乳腺での豊胸手術は、2カップ以上バストサイズを大きくしたいという場合や、大きく綺麗なバストを半永久的に持続したいという場合に最も適した方法です。

関連用語
関連施術
症状詳細
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る