ADRCとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:えーでぃーあーるしー|英語名:Adiopose Derived Regenerative Cells
カテゴリ:再生医療、豊胸術、毛髪再生外来、若返り・アンチエイジング

ADRCとは、Adiopose Derived Regenerative Cellsの略で、脂肪組織由来幹細胞のことです。

幹細胞とは、他の細胞に変化する細胞、赤ちゃんの細胞のことです。幹細胞は血液中や骨髄など様々な組織の中に存在しており、脂肪の中に含まれているものがADRCと呼ばれるものです。自身の脂肪から採取することができますので、培養する必要はありません。

ADRCは再生医療の分野で高い注目を集めつつあります。たとえば、豊胸術は、インプラントと脂肪移植のデメリットを補い、本来の自然な乳房を作ることを可能としました。安全性、有効性も複数の臨床実験で確認されてきており、将来の再生医療において、患者に新しい選択肢を提供することが期待されています。また、乳がん治療として摘出した乳房の再建にも効果があるのではないか、と見込まれています。

また、毛髪を再生させる「kerastem(ケラステム)」治療や若返りなどにも利用されています。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る