このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

適応部位

気になる部位だけピンポイントに

複数部位の施術を検討されている方には割引価格の複数部位セットもご用意しております。ご希望の部位のお見積もりも可能ですので、お気軽にご相談ください。

適応部位イラスト

施術の流れ

手術前・手術中 手術後・術後の経過 副作用・ダウンタイム

手術前・手術中 手術後・術後の経過 副作用・ダウンタイム

手術前・手術中

ドクターによるカウンセリング

カウンセリングの様子

カウンセリングでは、患者様の年齢や体型に近い症例写真等を用いたり、シミュレーションシステムによるイメージシミュレーションを行いながら、患者様のご希望のデザインを確認していきます。
当院では、インフォームドコンセント(手術に対する事前の十分な説明と同意)を重視し、患者様に同意をいただいた上で施術に入ります。

待合室も、プライバシーに配慮したつくりとなっておりますので、ご安心ください。

問診・血液検査

血液検査の様子

特に大きな病気を患っていないかどうかなど、術後の順調な回復を完璧に行うための問診を行います。
血液検査は、最近3ヶ月以内の検査結果(ヘモグロビン、血小板数、肝、腎機能)をお持ちでしたら、そのコピーでも結構です。

マーキング・麻酔

脂肪吸引をする部位にマーキング

脂肪を吸引する部位をマーキングします。

皮膚の保護&チューメセント

皮膚の保護

脂肪吸引施術の前処置として、行うのがチューメセントテクニックと呼ばれる処置です。止血剤などを含んだ麻酔液を相当量注入して局所麻酔を施します。これは吸引部位の麻酔及び止血効果を高め、よりデザイン性に富むラインの実現のために行います。
このチューメセントテクニックが普及してから、脂肪吸引は格段に安全な処置へと進化しました。

脂肪吸引

分離(遊離)ステップ
脂肪組織にだけ反応する特殊な超音波ベイザー波で脂肪のみ個々の脂肪細胞をばらばらにほぐし、血管や神経などの周辺組織から分離させます。
吸引ステップ
ストロー状のカニューレで脂肪細胞を回収するように吸引していきます。 脂肪を十分に取り除いた後、切開部を縫合します。

↓

手術後

術後すぐ

リカバリールーム

施術後、お休みいただけるようリカバリールーム(回復室)をご用意しています。ダメージが少ないので、歩いてご帰宅可能です。ホテルの予約代行サービスも行っております。
当院では、痛み止め薬やむくみ、内出血を和らげる漢方(別途費用)を処方しています。さらに、むくみの改善を促進するため、ストッキングガードルウエストニッパー等の装着をしていただきます(別途費用)。
ガードルは睡眠時も着用してください。

24時間サポート

帰宅後には、24時間体制でお電話でのサポートを受け付けております。不安なことがあれば、すぐにご連絡ください。「いつでも連絡がとれる」という安心感とともに、ご自宅でリラックスしていただけます。

3日後

・手術部位の診察  ・ガーゼ交換
※3日後からはシャワーも可能です。

1週間後

アフターケア

・手術部位の診察 ・写真撮影 ・抜糸
・アフターケアとして、脂肪吸引部にむくみや硬縮を和らげるインディバCET(高周波温熱トリートメント)を1回無料で行います。
1回でも効果は感じられますが、3~4回ほど受けていただくと、さらに術後の回復が促進されます。

アフターケアを行わないクリニックもありますが、当院では手術の効果を最大限に引き出すために必須としています。

2週間、1ヶ月後、3ヶ月後

・手術部位の診察 ・写真撮影
以降、同様の検診・経過観察

※ 術後1ヶ月間はガードルを着用してください。
※ 切開部は2週間で点状の跡になり、術後3ヶ月程度でほとんど目立たなくなります。
※ 身体を反らした時や、横にねじった際に吸引部にツッパリ感を感じる場合がありますが、
日常生活に支障はありません

  • 顔
  • 二の腕
  • 腹部
  • 下半身
  • 背中
弾圧ストッキング

近年、手術後の深部静脈血栓症(DVT)や肺血栓塞栓症(PTE)を起因とした静脈血栓塞栓症(VTE)が増加傾向にあります 。深部静脈血栓症は、下肢の静脈血管に血栓(血の固まり)ができてしまう病気です。深部静脈血栓症の血栓の一部がはがれると、次に肺に血栓が飛んでいきます。これを肺塞栓と言います。
当院ではうとうとと眠ったような状態で(あるいは実際に眠った状態で)、自発呼吸はしっかり維持したまま手術を行う静脈麻酔を使用しており、また術後約2時間で歩行可能な施術のため、血栓の発生リスクは低いと考えています。しかし、患者様の体へのご負担を軽減するため、血栓の発生リスクが高いと言われている方(下記参照)には、弾圧ストッキングを着用(※)していただいております。この弾圧ストッキングの着用により、下肢静脈のうっ滞(血流などが静脈内などに停滞した状態)を予防し、手術後に伴う深部静脈血栓症や肺塞栓の合併を起こしにくくすることができます。
※ 費用はかかりません。
※ 該当する方はスタッフにお申し付けください。
当院では、身体的負担の軽減と、常に患者様の安全を第一に考え、最高品質の美容医療の提供に尽力してまいります。

副作用・ダウンタイム

施術時間 40~50分
通院 あり
日常生活 シャワー:3日目から可能
入浴:抜糸の翌日(8日目)から可能
腫れ・痛み・内出血 2週間程度で落ち着きます
肌の状態 手術後 2~3 週間ほどで、手術部位に多少の硬さが出てくることがあります(硬縮)。傷跡や色素沈着は、徐々に目立たなくなりますが、仕上がりには個人差があります。
術後の経過 手術後 3 日間は、むくみを最小限にし、回復 を早めるために手術部位を圧迫固定します。1週間後に傷口の抜糸を行い、インディバ CET(高周波温熱トリートメント)で、むくみや痛みを軽減させます(1回無料)。むくみや腫れは、時間の経過とともに徐々に改善されます。
副作用情報 稀に、脂肪吸引部位の炎症やリンパ液の貯留、感染などが見られることがあります。痛みや赤み、熱感、腫れが続く場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。また、極稀に脂肪吸引時に損傷した血管に脂肪の塊や固まった血液の塊が入り込むと血管を詰まらせてしまうことがあります(塞栓症)。呼吸が苦しい、胸部の痛みや違和感などを感じたら、早急に当院までご連絡ください。
※妊娠の可能性がある場合は、手術をお受けできない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

症例写真

脂肪吸引 30代女性 顔
脂肪吸引 30代女性 顔のビフォー・アフター
脂肪吸引 30代女性 太もも
脂肪吸引 30代女性 太もものビフォー・アフター
脂肪吸引 20代女性 腹部・ウエスト
脂肪吸引 20代女性 腹部・ウエストのビフォー・アフター
脂肪吸引 40代男性 腹部
脂肪吸引 40代男性 腹部のビフォー・アフター

部位別症例写真

  • 頬・アゴの症例写真を見る
  • お腹の症例写真を見る
  • 太ももの症例写真を見る
  • お尻の症例写真を見る
  • 二の腕の症例写真を見る
  • ふくらはぎの症例写真を見る

Q&A

周囲にばれたくないのですが、傷跡はどれくらいの大きさですか?
数ヶ月後には傷もほとんど目立たなくなりますので、ご安心ください。施術中も、皮膚に負担がかかりやすい箇所を保護し、負担を最小限に抑えています。また、抜糸後の傷の赤みや盛り上がりを防ぐ為、茶色いテープをお渡ししております。テープを貼ることで、摩擦や刺激、傷口の広がりも防ぐことができます。
一度に全身の脂肪を吸引することは可能ですか?
ベイザーリポ脂肪吸引は一度に広範囲の施術が可能となっていますが、患者様の脂肪の状態によって異なります。例えば、沈着している皮下脂肪量が多い場合などは、1回で全てを吸引せず、2回以上に分けて吸引を行った方が良い場合もあります。詳しくはカウンセリング時に担当の医師におたずねください。
脂肪は少ないですが、ラインを整えるために脂肪吸引することはできますか?
これまでの脂肪の少ない方は術後のたるみや凸凹のリスクが高く、満足のいく結果が得られにくいことから、不適用となる場合が多くありました。しかし、ベイザー脂肪吸引は皮膚の浅い層の脂肪細胞の吸引も可能なこと、皮下脂肪が少ない場合でも、皮膚のタイトニング効果が期待できますので、適応となる場合があります。カウンセリングは無料ですので、ご相談に来ていただければと思います。
吸引した脂肪をバストへ注入することはできますか?
吸引した脂肪をバストへ注入してバストアップすることは可能です。当院では、①脂肪注入法、②ピュアグラフト豊胸術、③幹細胞豊胸術の3つの方法がございます。ベイザーリポで吸引した脂肪は、他の脂肪吸引マシンに比べ、脂肪組織の損傷が少なく、バストアップ効果が高いです。
料金の詳細はこちら

この施術が受けられるクリニック案内

脂肪吸引 施術一覧はこちら
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る