このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

デキる男の新常識!?医療脱毛で「ヒゲ脱毛」を行う理由

デキる男の新常識!?医療脱毛で「ヒゲ脱毛」を行う理由

少し前までなら、“永久脱毛は女性が行うもの”というイメージでしたが、最近では、女性だけでなく男性でも永久脱毛をしてみたいという方が増えています。
中でも「ヒゲ脱毛」に興味を示す男性は多く、とくに好感度や清潔感を重要視するビジネスマンを中心に関心が高まっているようです。

肌の状態は第一印象にも大きく関わるため、常にキレイな状態に整えておきたいもの。
そんな、ヒゲの永久脱毛に興味を持つ男性に、美容クリニックでの医療脱毛を選ぶことのメリットと、ヒゲ脱毛の魅力についてご紹介いたします。

ヒゲ脱毛をすると生活の充実度もアップする?

ヒゲ脱毛をすると生活の充実度もアップする?


毎朝のヒゲ剃り時間が短縮できる

起床してから家を出るまでの時間は1秒でも惜しいもの。毎朝時間に追われながら慌ただしく身支度をしているという方も多いでしょう。

朝の支度といえば着替えや歯磨きなどやるべきことはたくさんありますが、とくに時間と手間がかかるのがヒゲ剃り。剃り残しのないように、肌を傷つけないようにと注意しながらヒゲを剃っていると、気づけば10分以上も経っていた…… という経験をしたことのある方も多いはず。

そんな方には、ぜひヒゲ脱毛をおすすめします。ヒゲ脱毛をすれば、毎日のヒゲ剃りの時間を他のことに使えてより有意義な時間を過ごすことができるのです。
ちょっぴり寝坊をしても、朝のニュースをゆっくり見ていても大丈夫。出社前の時間にゆとりが持てると、その日1日の過ごし方も変わってくるでしょう。

青ヒゲとおさらばして清潔感アップ

朝、どれだけ丁寧にヒゲ剃りを行っていても、夕方になるとうっすらとヒゲが生えてきたり、青くジョリジョリとした状態になっているという方も多いでしょう。

たとえ髪型に気を遣っていても、オシャレなスーツで身を包んでいても、人と向かい合ったときに強く印象に残るのは顔です。例えばファッションや髪型に気を遣っていても、青ヒゲが覗いているだけで、「ヒゲが濃い人」という印象を持たれてしまいます。

とくに営業職のような、人と会うことが多いビジネスマンの場合、見た目の印象はとても大切です。人は外見だけで判断できるものではありませんが、やはり清潔感はとても重要な要素です。
ヒゲにコンプレックスを持っていたけど、ヒゲ脱毛をして気持ちまでポジティブになったという方も多いようです。

度重なる肌荒れからの解放

毎日ヒゲ剃りをしている場合、肌への負担は避けられません。
カミソリの刃による摩擦が肌荒れの原因となり、肌が乾燥しているときにヒゲ剃りをするとヒリヒリして、赤くなり痒みが出ることもあります。

また、毎日のヒゲ剃りによって肌の角質が薄くなると、肌のバリア機能が弱まってニキビができてしまうことも。このように、ヒゲ剃りが肌トラブルの原因になっていることも意外と多いのです。

ヒゲ剃りによる肌トラブルを抱えている方も、ヒゲ脱毛をすることで悩みが解消され、憧れのツルツル肌を手に入れることができるでしょう。

忙しい男性にこそ医療脱毛がおすすめ!

忙しい男性にこそ医療脱毛がおすすめ!

メンズエステなどでもヒゲ脱毛を行っていますが、なぜ今回医療脱毛をおすすめするのかというと、エステで行う脱毛と、美容クリニックで行う医療脱毛には、その効果に大きな違いがあるからです。

もちろん個人差はありますが、医療脱毛は、医療機関でしか取り扱うことのできない強力なレーザーを用いるため、より早く脱毛効果を実感することができます。

美容クリニックで行う医療脱毛は、濃いヒゲに悩む男性の救世主。
仕事にプライベートに忙しい日々を過ごす大人の男性は、通う回数が少なく短期間で脱毛が完了する医療脱毛を選ぶことがヒゲ脱毛の鉄則なのです。

いざ医療脱毛をしようと決めても、美容クリニックと聞くと男性では入りにくいイメージがあると思いますが、薄毛などの男性向けの診療にも力を入れている美容クリニックは男性でも入りやすいため、美容クリニック選びの際のポイントにしてみてはいかがでしょうか。

メリットたくさんの医療脱毛で、長い時間を費やしたヒゲの悩みから解放されましょう。

この記事の監修ドクター
聖心美容クリニック 佐々木 直美
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る