このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【論文掲載】当院の“プレミアムPRP皮膚再生療法についての医学論文”が、形成外科学誌PRS(2015年9月136号)に掲載されました。

新着情報へ戻る 2015年9月18日 注目情報お知らせ

当院の“プレミアムPRP皮膚再生療法についての医学論文”が、形成外科学誌Plastic and Reconstructive Surgery(以下PRS)Vol.136(2015年9月)に掲載されました(Level of evidence :Ⅳ)。
PRS は、創刊50年超の“美容医療専門の医学誌”です。現在では、世界で最も権威のある医学誌として評価されており、同時に、論文掲載が最も難しいとされる医学誌です。特に、外国人医師の論文採択率は10~15%と極めて低く、また、採択までに厳正な審査を要するため、日本の美容外科では当院含め数クリニックしか掲載されておりません。

単なるPRP治療ではなく、当院が独自に研究した「プレミアムPRP皮膚再生療法」についての研究論文が受理されたことは、今後のPRP治療における可能性を示唆しているものと考えています。

■掲載内容詳細
・掲載号:2015年9月Vol.136_3
・発行者:Rod J. Rohrich, M.D.
・ISSN: 0032-1052
・オンラインISSN: 1529-4242
・発行頻度:年間12冊
・Ranking: 36 of 198 in Surgery
・Impact Factor: 2.993

■論文タイトル
しわや皮膚の陥没治療のための塩基性線維芽細胞成長因子と多血小板血漿。

■論文概要
PRP + B-FGFは、しわや顔や体の皮膚の陥没領域の治療に有効です。研究では、PRP +のB-FGF、最小限の合併症を引き起こす革新的な治療法であることを明らかにしました。
(C)2015American Society of Plastic Surgeons
WEBページ詳細はこちら

・Webサイトからも購入可能です。
詳細はこちらから

また、当院の掲載は2度目で、2010年10月Vol.126 にて、幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)についての論文が掲載されています。こちらはWebサイトにて一部公開しております(購入も可能)
詳細はこちらから

聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る