このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【学会講演】 日本美容外科学会(JSAS)に参加、鎌倉統括院長が講演

新着情報へ戻る 2013年6月15日

6月15-16日に東京ビッグサイトで開催された”第101回 日本美容外科学会”にて、当院の医師が参加しました。また、鎌倉統括院長が自己脂肪組織由来再生細胞を用いた顔面若返りに対する脂肪移植についての講演と、高密度焦点式超音波(ウルセラシステム)を利用した顔のリフトアップについてのセミナーを行いました。

===============
  第101回 日本美容外科学会
===============

■日時:2013年6月15日(土)~16日(日)
■場所:東京ビッグサイト


■講演内容:
・自己脂肪組織由来再生細胞を用いた顔面若返りに対する脂肪移植
顔面における若返りの手法の一つとして、自己脂肪組織を注入する方法が広く利用されている。2001年脂肪組織に多能性幹細胞の存在が報告されて以来、脂肪移植に幹細胞を併用し、移植脂肪の生存率を高める試みがなされている。
今回の臨床では、ADRCを抽出するための脂肪量は注入するための脂肪量の5倍とした。注入用の脂肪は、血液、麻酔液、油成分などを除去し、最後にADRCと注入用の脂肪を十分混和させた後、Blunt cannulaを用いて顔面の予定部位に注入。
脂肪注入における重要なポイントとして、①脂肪の採取方法②注入用脂肪の処理方法③ADRCの利用④脂肪注入の方法があげられる。

・高密度焦点式超音波を利用した顔のリフトアップ
顔のたるみに対する治療には、マシンを用いた非外科的治療法が広く普及している。今回は高密度商店式超音波(HIFU)を用いたウルセラシステムの臨床効果について報告。134例中痛みや満足度について評価。
■関連情報
聖心美容外科統括院長 鎌倉達郎医師プロフィール
セリューション若返り術(脂肪組織由来幹細胞移植)
ウルセラシステム


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る