このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【学会講演】 日韓形成外科学会にて鎌倉統括院長が講演

新着情報へ戻る 2012年7月2日

5月17-19日に淡路国際夢舞台カンファレンスセンターで開催された”第11回日韓形成外科学会”にて、当院の鎌倉統括院長が「プレミアムPRP皮膚再生療法」の講演を行いました。

===============
  第11回日韓形成外科学会
===============

■日時:2012年5月17日(木)~19日(土)
■場所:淡路夢舞台国際カンファレンスセンター
■テーマ:サイエンスとアートの融合


■講演内容:
プレミアムPRP皮膚再生療法について
Platelet Rich Plasma with basic Fibroblast Growth Factor for Wrinkle and Depressed Areas

Tatsuro Kamakura, Kohei Ito, Hideaki Teramachi, Kazuhiro Maeda, Hisayuki Mihara, Jiro Kataoka, Koichi Ooi, Kazuhiro Miyata, Naomi Sasaki, Miyuki Kobayashi, Yuichiro Kizuka, Takanori Nakatsuji, Makoto Nishida, Tetsuro Ito

顔や手、身体のシワやくぼみに効くトリートメントには様々な方法が存在する。
ヒアルロン酸注入は一般的に深いシワやくぼみに効果的だが、それらの効果は、6ヶ月~1年以内しか持続しない。
その間、注入系トリートメントとして脂肪やPRPといった自己の細胞を使った注入治療が行われてきた。
今回の臨床では、成長因子を添加したPRPを使用。PRPは自己の血液を2回遠心分離器にかけて取り出し、そこに生理食塩水で希釈した成長因子を添加。727名(部位総数1839部位・女性694名・男性33名・平均年齢49.1歳)の患者様に処置を行い、有効性と安全性を評価。
治療部位は、ほうれい線、マリオネットライン、鼻顎ひだ、瞼のくぼみ、ゴルゴ線、額、こめかみ、眉間、口唇周囲のシワ、首のシワ、手の甲、頬など。

GAIS(Global Aesthetic Improvement Scale)を用い、95.4%の患者様と97.4%の医師おのおのの回答から満足度を評価した。
■関連情報
聖心美容外科統括院長 鎌倉達郎医師プロフィール
聖心再生医療センター
プレミアムPRP皮膚再生療法


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る