このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【論文掲載】鎌倉統括院院長の研究論文がAesthetic Plastic Surgeryに

新着情報へ戻る 2012年4月13日

世界的に有名な形成外科専門誌「Aesthetic Plastic Surgery」に投稿した、鎌倉統括院長の「脂肪組織由来幹細胞による豊胸術」に関する研究論文が受理され、2011年12月発行の「Volume35 Number6」に掲載されました。


この論文は、2007年11月よりセリューションシステムの開発・製造元であるサイトリ・セラピューティクス社と共同で実施した臨床研究の症例結果をまとめたものです。2011年12月にAesthetic Plastic Surgeryへ投稿し、2011年4月30日に受理され、2011年12月発行の「Volume35 Number6」P1022-1030に掲載されました。
同誌への論文掲載の実現により、研究結果のエビデンス(医学的根拠)が世界的に広く認められたこととなります。

■脂肪組織由来幹細胞による豊胸術 研究論文概略

Autologous Cell-Enriched FAt Grafting for Breast Augmentation
Tatsuro Kamakura / Kohei Ito

Abstract: Autologous fat grafting for breast augmentation has faced some historical hurdles. However, in recent years it has been gaining acceptance from the medical community. This prospective, nonrandomized open-label study of 20 Japanese women supports the use of autologous fat grafting in breast augmentation and explores enhancement of fat graft tissue with autologous adipose-derived regeneretive cells (ADRCs). ............

Materials and Methods:

Patient Selection
Between November 2007 and April 2008, 20 Japanese women with a mean age of 35.6 years (range, 21-52 years) desiring natural breast augmentation were considered for entry into the study. This prospective physician-initiated clinical study was approved by the institution's ethics committee, and all the patients provided written consent before participation. ..........

Surgical Technique
In this study, patients underwent a single bilateral breast augmentation treatment in an outpatient surgical setting. Withe the patients under conscious sedation, liposuction and breast augmentation were performed. After the required amount of adipose tissue graft for processing and augmentation was determined preperatively, tissue was harvested via syringe liposuction followed by processing and delively of the ADRC-enriched adipose tissue graft ........

Adipose Tissue Harvesting
Before liposuction, target areas were infiltrated with standard tumescent solution (lactated Ringers, 1% lidocaine and epinephrine). Through 5- to 6-mm skin incisions, adipose tissue was collected from the thighs, hips, buttocks, or abdominal area using a 3-mm Mercedes tip three-hole blunt cannula (Byron Medical, Tucson, AZ, USA) under low negative pressure. Adipose tissue then was divided into two fractions: one for the extraction of regenerative cellsand one for use as the fat graft. ............


■関連情報
聖心美容外科統括院長 鎌倉達郎医師プロフィール
聖心再生医療センター
セリューション豊胸術(脂肪組織由来幹細胞移植)
セリューション乳房再建術
セリューション若返り術


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る