このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【学会報告】第3回国際乳房オンコプラスティックサージャリー学会

新着情報へ戻る 2010年11月29日

11月25-26日に東京で開催された「第3回国際乳房オンコプラスティックサージャリー学会」にて、当院の鎌倉統括院長が「脂肪組織由来幹細胞移植による豊胸術」について講演を行いました。

==========================
■ 国際乳房オンコプラスティックサージャリー学会 ■
International Oncoplastic Breast Surgery Symposium 2010
==========================

■日時:2010年11月25日~26日
■会場:ホテル日航東京 (東京お台場) 東京都港区台場1-9-1

国際乳房オンコプラスティックサージャリー学会(IOPBS)は、乳がん根治性と整容性を両立する1つの手技「オンコプラスティックサージェリー(oncoplastic breast surgery、乳房腫瘍形成外科以下OPBS)」において、国際的な交流と発展を図るために、3年前に設立された国際学会です。

OPBSは、欧米や欧州で定着しており、アジアでも普及し始めています。日本では近年、「乳がん術後の整容性」への関心が高まり、乳腺外科医によって術後の整容性を得るための様々な工夫が施されています。しかし、これらの手法を体系化したり、整容性の客観的評価などへの取り組みはまだ十分とはいえず、今後の課題となっています。
国際乳房オンコプラスティックサージャリー学会は、それらの手技を系統的に理解し、習得するため、多くの乳腺外科医、形成外科医、美容外科医が参加し、世界で行われているOPBSの先端知識の整理、討論を通じてその深化を図る事を目的としています。

国際乳房オンコプラスティックサージャリー学会は2年おきに開催されており、2008年9月に韓国 大邸でIOPBS 2008が開催され、約500名の乳腺外科、形成外科医が参加。そして、今年のIOPBS 2010は、アジア乳房形成外科学会、市民フォーラムと併催し、東京お台場日航ホテルで開催されました。欧米、アジア、そして日本の著名な医師を招聘し、Symposium、教育講演が行われました。なお、2012年以降は台湾、ドイツ、中国、インドなどでの開催が見込まれています。

■鎌倉統括院長の講演内容
Breast Augmentation with Adipose-Derived Regenerative Cell-Enriched Fat Graft
~Fat Harvesting and Grafting Techniques~

Abstract
Background: Breast augmentation with autologous fat tissue (AFT) has been revisited recently. To reduce resorption through cell enhancement with adipose-derived stem and regenerative cells (ADRCs), use of cell-enriched fat graft with reconstruction shows promise but safety and efficacy data for aesthetic breast surgery is limited.
Methods: This study is a prospective, single-arm, investigator-initiated clinical study evaluating the transplantation of AFT enriched with ADRCs. Twenty Japanese women were enrolled and treated. Half of the AFT harvested was processed with the Celution® System to concentrate ADRCs. The remaining AFT was washed to remove blood and waste, enriched with the ADRCs, and injected into the breast mound in microdroplets in as many layers as possible.
・・・・以下、Results,Conclusionsはここでは省略させていただきます。
■関連情報
国際乳房オンコプラスティックサージャリー学会公式サイト
聖心美容外科統括院長 鎌倉達郎医師プロフィール
聖心再生医療センター
セリューション豊胸術(脂肪組織由来幹細胞移植)


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る