このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【学会報告】第25回 日本美容皮膚科学会

新着情報へ戻る 2007年8月21日

第25回 日本美容皮膚科学会にてブレッツァ聖心美容クリニック(熱海)の小林医師(連名:聖心美容外科 鎌倉統括院長)が講演しました。

=========================
第25回 日本美容皮膚科学会
=========================

テーマ: 美容皮膚科;飛躍の法則
会 期: 2007年8月18日(土)~19日(日)
会 場: パンパシフィックホテル横浜(横浜市)
〒220-8543 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7



■□■ 小林医師の講演内容 ■□■

○ 『 広帯域赤外線ライトによる効果の組織額的検討 』
小林美幸(ブレッツァ聖心美容クリニック)
鎌倉達郎(聖心美容外科)


○ 概要 :
Titan(タイタン)照射後の真皮内変化を病理レベルで観察したものとして、Zelicksonらはpre-abdominoplastyの患者に対し、Titanを照射し直後のコラーゲン線維の変化を透過型電子顕微鏡下で観察している。しかし、生体人の皮膚におけるTitanの組織学的な検討はなされていない。そこで今回、まだ検討されていない人の皮膚での長期的な組織学的な効果について2名の患者の顔面部に対しTitanを照射し、その効果を検討した。


○ 方法 :
29歳男性と49歳女性それぞれの左頬部をアイスバッグで十分に冷却し、Titanの出力設定を40J/㎝2 にて60ショット、照射した。


○ まとめ :
▼ Titan照射でのタルミ改善に真皮変化のみでなく表皮肥厚も関与していると考えられた。
▼ 照射後初期にはType-lllcollagenは増加し、照射1ヶ月後にはType-lllcollagenの減少、Type-lllcollagenの均一な配列を認め、創傷治癒機転により線維は増生していることが考えられた。
▼ Titan照射により、膠原線維、弾性線維ともに増生を認め、臨床的、組織学的ともに効果があり、タルミ治療に有用であることが示唆された。
▼ 出力設定40J/㎝2 の照射はクーリングを十分に行えば疼痛なく安全に行える出力であり、臨床的、組織学的ともに効果があると考えられた。


>> ブレッツァ聖心美容クリニックについてはこちら
>> 小林美幸医師のプロフィールはこちら
>> その他の新着情報一覧はこちら

聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る