このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【Nile‘s NILE】聖心美容外科東京院の伊藤院長が紹介されました

新着情報へ戻る 2007年3月30日

2007年4月1日発売のNile‘s NILE(ナイルスナイル) 4月号に聖心美容外科東京院の伊藤院長が「美容外科の若きリーダー」として紹介されています。

【 Aging in Style Vol.2 】
新時代を迎えつつある美容外科医療の最先端として、注目される”再生医療”。この分野の最先端を行く現場として、聖心美容外科が紹介されました。

再生医療の分野で当院が新たに導入する『脂肪幹細胞注入法』と『多血小板血漿注入』はどちらも自らの体の組織を使うことから、安全で副作用の心配のないのが最大の利点です。
「これまで機械などの進歩はありましたが、再生医療で美容外科の方向性は大きく変わると思います。」と伊藤院長は語っています。(記事より)

● 聖心美容外科による再生医療への取り組み

社会の成熟とともに美容外科に期待されることはますます大きくなっています。医学の進歩を、そして医療というサービスをどのように社会に反映していくかが問われています。当院では、最新の技術や設備機器を積極的に取り入れ、患者様にとってより負担やリスクの少ない美容外科医療をめざし努力してまいりました。

そして現在、美容外科の業界で注目されているのが『脂肪幹細胞注入法』。
これは、太腿やお腹から吸引した脂肪を特殊な装置を利用して幹細胞を抽出し、それを脂肪と混ぜあわせて、幹細胞密度の高い脂肪にし、再度体内に移植する方法です。豊胸術や加齢による顔のたるみ、しわ治療にも応用することができます。

聖心美容外科では、幹細胞を脂肪から抽出するための機械をいち早く導入しました。
この新しい脂肪幹細胞注入治療には、脂肪吸引の技術が大変重要になっています。最近では、当院のドクター陣が大学病院などで脂肪吸引の技術指導をする機会もふえてきました。この新しい技術を通じて、人々のQOL(生活の質)の向上に貢献し、美容医療の可能性を最大限に追求してまいります。

「患者様の100%満足のために、何をするべきか?」常にそう自問しながら、私たちは新しいことに率先して取組んでいきます。これからも、患者様の満足を第一に、「選択肢のさらなる拡大」を図るとともに「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、新技術を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。


>> 伊藤院長のプロフィールはこちら

>> メディア掲載一覧はこちら


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る