このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

リクルート:体制の紹介

美容医療のリーディングクリニックを自負する当院では、美容医療専門のドクターとして、最高・最新の技術を習得できる体制を整えています。

当院は最新の技術や設備機器を積極的に取り入れ、患者様にとってより負担やリスクの少ない美容医療をめざし努力しています。

幹細胞治療・研究に欠かせない「セリューションシステム」を導入。豊胸、若返り、毛髪治療を行っています。

高いレベルで施術を行うための研修は、怠りません。海外から著名なドクターを招いてのライブサージェリや意見交換、海外技術セミナーへの参加も盛んに行っています。

国内研究機関や大学との共同研究、海外ベンダーの製品開発参画、学会などでの講演活動を行っています。

最新の技術や設備を積極導入

当院では、常に最新かつ安全、高機能な機器の導入に努めています。

手術に使用する機器に関しては、人体に安全であるか?きちんとしたエビデンスはあるか?など厳しく審査。信頼できる医療メーカーや代理店から正規品を導入しています。
そうすることで、導入後も機器のメンテナンスやアップデートを受けることができ、安全な施術につながるからです。

カウンセリング用には、全院にシミュレーションシステムを完備。
医師との認識のずれがでないよう、術前に仕上がりのイメージを確認しています。

設備の導入例(一部)

ベイザー最新機種

image9.jpg

ベイザー脂肪吸引の最新機種「ベイザーリポ2.2」。開発メーカーから直接、正規品を導入しています。

3D「ベクトラ」

image10.jpg

精密なデータ取得・保存が可能で医学学会に提出する論文への採用も認められている3Dシミュレーション「ベクトラ」も導入しています。

セリューションシステム

img11.jpg

世界で唯一、人体の安全性・幹細胞抽出機能ともにFDAに許可されているサイトリ・セラピューティクス社製「セリューションシステム」を8院に導入しています。

「幹細胞バンク」世界初導入

2010年4月、将来の疾病治療のために幹細胞を凍結保存する「幹細胞バンク」を世界ではじめて開始しました。

image7.jpg

「幹細胞」治療の本格実施

2007年11月6日。
この日は美容医療業界においても、再生医療業界においても、1つの大きなエポックメイキングともいえる手術がありました。

世界ではじめての「セリューションシステムによる幹細胞豊胸術」が当院の鎌倉統括院長によって実施されたのです。

これは、脂肪から取り出した幹細胞を胸に注入するというものですが、脂肪を壊さず吸引する技術・幹細胞を抽出する技術・しこり化しないように注入する技術など、複数の高い技術があってこそ、実現できた手術でした。

当院での成功を皮切りに、脂肪幹細胞を利用した治療や研究が日本国内外にて、今も活発に行われています。

image1.jpgimage2.jpg

技術研修

どんなにいい機械や設備が整っていても、医師の技術がなければ、患者さまが満足される結果にはたどりつけません。当院では技術力向上のため、ドクター同士の症例報告会・勉強会を実施。時にはテクニックを教えあい、時には意見を戦わせながら切磋琢磨しています。

また国内だけではなく、世界各国の医師とも積極的に交流。優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を発信することで相互に高めあっています。

特に「美容再生医療」の分野では、世界初の導入実績、世界トップクラスの症例数があることから、海外から視察に訪れるドクターを広く受け入れているほか、海外講演も行っています。

image3.jpg

2013年9月、片岡二郎院長、宮多和浩院長、伊藤哲郎医師が韓国のShimmian Rhinoplasty Clinicにて、鼻の美容整形のライブサージェリーに参加。

共同研究・学会

国内研究機関や大学との共同研究、海外ベンダーの製品開発参画、学会などでの講演活動を行っています。

講演・学会発表・開発参画など

image4.jpgimage5.jpg

【招聘講演】カリフォルニア大学サンディエゴ校

2009年2月、米国有数の名門・カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)に招かれ、幹細胞豊胸術についての招聘講演を行いました。

これは、米国形成外科の権威スティーブン・コーエン医師が来日の際、当院の脂肪由来幹細胞移植手術を見学されたことがきっかけでした。

未来の研究者・医師の卵に対して、鎌倉統括院長が最先端の脂肪幹細胞治療を説明。
美容医療だけではなく、将来の疾病治療への幹細胞利用の可能性を示しました。

image6.jpg

【開発参画】Puregraft TM

2009年、米国サイトリ・セラピューティクス社にて、当院ドクターがPuregraftTM開発に参画。
PuregraftTMは、「もっと質の高い濃縮脂肪が精製できる」として、現在では、国内外に広く信頼されている脂肪精製器です。

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る