このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
広島院院長 中辻 隆徳に5つの質問
印刷
Q. 美容医療を志したきっかけを教えてください

A. 外面の小さな変化によって内面の美しさを最大限に引き出すことのできる美容外科に魅力を感じました。人生を豊かにし、生きる喜びを享受するお手伝いができるのはこの上ない幸せです。また、再生医療をいち早く具現化できる診療科が美容外科であることにも、たいへんやりがいを覚えます。

Q. 美容外科医にとって必要な素質とは何だと思いますか?

A. 見た目を変える、見た目を戻す技術力はもちろんのこと、同時に患者様の心を診る力が必要です。また、非常に速いスピードで進化を遂げる美容医療を患者様に提供できるよう、常に自分の頭にアンテナを張って勉強を怠らない姿勢が必要だと思います。

Q. 先生にとって「女性の美しさ」とは何ですか?

A. 自分にも、周りにも愛情を注げることの出来る人は美しいと思います。さらに健やかでいようとする姿勢、新しいものにチャレンジする柔軟さ、美しさへの向上心、これらを兼ね備えた人は美しく魅力的であり、尊敬します。

Q. 今後の美容医療に求められるものは何だと思いますか?

A. 今後益々美容医療と再生医療との融合が進んでいくことでしょう。そのためには医療界全般に求められている安全性を美容外科分野でもより向上させることが必要ですし、技術面においては科学的根拠に基づいた“精確(精密で確実)”性を追求していくことが必要だと考えています。その結果、皆様にとって美容外科がもっと身近な存在になればいいなと思います。

Q. これから美容医療を受けようと考えている方にメッセージをお願いします

A. きれいになりたい、若々しくありたいと願う前向きな気持ちを持てば、人は年齢に関係なく美しくなれます。患者様お一人お一人に本来備わっているきれいの素を花開かせ、またアンチエイジングをポジティブエイジングにつなげるお手伝いができれば、これに勝る喜びはございません。ご自分のコンプレックスを向上心というエネルギーに変えて、まずは一歩踏み出してみて下さい。お一人で悩まずに、まずはお気軽にメール相談していただけるとうれしいです。

閉じる