このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
札幌院院長 前多 一彦に5つの質問
印刷
Q. 美容医療を志したきっかけを教えてください

A. 医学部に入学した当初から美容外科に興味がありました。卒業後は、その基礎を固めるために形成外科に入局しました。どうしても他の診療科と比較して軽く思われがちですが、肩書きよりも技術とセンスがものをいう、とても奥深い世界だと思います。今は、この道に入ったことを誇りに思っています。

Q. 美容外科医にとって必要な素質とは何だと思いますか?

A. 「美的センス」と「結果へのこだわり」。そして、それを実現するための「手先の器用さ」だと思います。 また、物事に対し「謙虚な姿勢」を忘れず、「繊細さと大胆さ」をバランス良く持ち合わせていることも大切だと思います。

Q. 先生にとって「女性の美しさ」とは何ですか?

A. 当然、「外見の美しさ」は重要だと思います。それを保つために努力を怠らない女性も素敵だと思います。ただ、本当に美しい女性となると、知性、優しさ、上品さ といった「内面の美しさ」を合わせ持った女性だと思います。しかし、自分の外見にコンプレックスを抱くあまり、せっかくの「内面の美しさ」をアピールできない女性が多いのも事実です。 そのような女性の外見のコンプレックスを、少しでも解消するお手伝いができればと思っています。

Q. 今後の美容医療に求められるものは何だと思いますか?

A. リスクやダウンタイムは最小限で、得られる効果は最大限の治療法が、つねに求められていると思います。そのために、あらゆる分野からの応用も必要だと思います。当院で行っている、再生医療を応用した治療法は、今後の美容医療において重要な位置を占めると考えています。

Q. これから美容医療を受けようと考えている方にメッセージをお願いします

A. 現在でも、日本では美容外科を受診することに罪悪感を抱く方が多いようです。 例えば、ファッションやメイク、ヘアースタイルで、その人の印象は大きく変わります。しかし、そこに罪悪感を抱く人はいないはずです。「自分を美しく魅せたい。」これは老若男女を問わず、共通の願いだと思います。ブティックやヘアーサロンと同じように、色々なクリニックを品定めしてみて下さい。 どうしても、足を運ぶことに抵抗のある方には、メール相談を利用することをお勧めします。

閉じる