このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
大宮院院長 木塚 雄一郎に5つの質問
印刷
Q. 美容医療を志したきっかけを教えてください

A. 形成外科医として10年間、外傷、先天奇形、再建、熱傷、そして美容外科などの治療を行なってきました。そのなかでも美容医療は最新の医療技術が次々に導入・確立している分野です。そこに大変興味を持ちました。また、施術により得られる患者様の笑顔は、なによりの幸せです。

Q. 美容外科医にとって必要な素質とは何だと思いますか?

A. まずは「イメージする力」。手術技術は当然の事として、具現化する力が必要だと思います。もうひとつは「時代を捉える力」。美の基準は常に流動的です。努めて、テレビや雑誌を見ています。なので、私は一般のお医者さんよりも少し俗っぽいかもしれませんね。

Q. 先生にとって「女性の美しさ」とは何ですか?

A. 年齢に関係なく輝いてる女性。それは心身のバランスが取れ、充実した日々を送っておられる女性だと思います。その一端を美容外科医としてお手伝いできればうれしいですね。

Q. 今後の美容医療に求められるものは何だと思いますか?

A. 美容医療の分野はますます幅広くなってきています。「安全」「安心」な確かな技術を提供していくことが重要です。誰もがより良く生きるために施術を受けられる、そういう環境を作っていけたらと思います。

Q. これから美容医療を受けようと考えている方にメッセージをお願いします

A. まず、話をお聞かせください。美容医療の施術には様々なものがあります。きっと、そのひとに最適な方法があるはずです。患者様のより良い人生のお手伝いが出来れば、うれしく思います。 どんな些細なことでもご相談ください。

閉じる