このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
読み:ゆーぶい-しー|英語名:Ultraviolet C
カテゴリ:美容皮膚科

UV-Cは、紫外線の一種。日常降り注いでいるUV-A・UV-Bと違い、オゾン層によって吸収されるため通常地表には届きません。したがって、紫外線対策といえば通常UV-A・UV-Bに対する対策をいいます。ただし近年オゾン層の破壊が進んでいることから、その危険性が危惧されています。
真皮に届いて肌老化の原因となるUV-Aの波長は320~400ナノメートル、肌表面にとどまり日焼けやシミの原因となるUV-Bが280~320ナノメートルなのに対し、UV-Cは200~280ナノメートルと波長が短いのが特徴です。エネルギーは3種の中で最も強く、DNAを破壊する力を持っています。そのため人体には大変有害なもので、短時間当たるだけでも遺伝子をボロボロにし、皮膚がんの原因となるのはもちろん失明する危険性もあります。
一方、細菌やウィルスなどを死滅させる殺菌力も強いことから、人工的に作り出されたUV-Cが殺菌灯に使われるなど、有効利用もされています。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る