このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

わきが手術

印刷あとで読む
読み:わきがしゅじゅつ|英語名:
カテゴリ:多汗症・ワキガ治療

わきが手術には大きく分けて直視下と非直視下があります。

直視下は現在もっとも多くの病院で行われている方法で剪除法とも言われます。脇の下を3~5cm切り、皮膚を裏返して粒状になったアポクリン汗腺を実際に直視して取り去る方法です。成功率が高いですが、傷口が他に比べると長いため、縫合技術の高い医師での執刀が望ましいです。

非直視下にはマイクロリムーブ法、という術式が、“最も傷が小さい上に、効果の高い”切開法です。
ワキ下のシワに沿って作った1cm程の入り口から、特殊な治療器を挿入してワキガの原因となるアポクリン汗腺・皮脂腺を粉砕・除去します。

また、軽度なわきがであれば、「ミラドライ」で切らない治療も可能です。
ミラドライは、マイクロ(電磁)波を照射することで汗と臭いのもととなる“汗腺”を壊します。 傷跡を作らずに中度~重度の多汗症・わきがを根本から解決することが可能なため、腫れなども短くすみます。
未成年の方でも、保護者の同意があれば受けられるため、思春期をむかえた中高生にも人気の施術です。

施術は約1時間(両ワキ)と短く、効果が長期持続することもメリットです。

「ボトックスは効果が短いことが不満」「根本から治療したいけれど、手術は怖い」という方から多くの支持を受けている安心の施術です。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る