このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

老人性シミ

印刷あとで読む
読み:ろうじんせいしみ|英語名:Senile pigment freckle
カテゴリ:美容皮膚科

老人性シミとは紫外線などのストレスによって発生したメラニン色素が肌内部に残ったままとなり、色素沈着をしたもの、つまり一般的に言われるシミのことです。
シミにお悩みの方の約60%が、この老人性色素斑でお悩みです。

肌は紫外線や摩擦などの外部刺激、それにストレスなどによるホルモンバランスの乱れなどの内部からの刺激から肌を守ろうとメラニン色素が発生します。このメラニン色素は通常は肌のターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられ、最終的に垢となって排出されますが、なんらかの理由で肌内部に残ったままとなり色素沈着したものが老人性シミなのです。

これは理屈としてはターンオーバーを促進することで体外に垢として排出できるはずで、実際にレーザーや塗り薬などでもその原理を利用した治療が行わています。ただ、遺伝子が書き換えられてしまった場合はターンオーバーで一旦シミを排出しても、またすぐに元どおりになる場合もあります。
再生力が強く1回の照射で改善しない場合は、数回追加照射をすることできれいに治ります。

また顔全体のくすみを取り除きつつ、老人性色素班も薄くしていく場合はライムライト(光治療)を使用して複数回かけて治療していくなど、肌状態やご希望にあわせた治療法を選択します。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る