このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

プロゲステロン

印刷あとで読む
読み:ぷろげすてろん|英語名:Progesterone
カテゴリ:美容内科

女性の体はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンの働きによってさまざまな変化を受けます。

エストロゲンは生理周期の前半に、プロゲステロンは後半や妊娠中に働く周期になっています。

プロゲステロンが活発になる時期は排卵後から月経前の時期で、このころは肌荒れやにきび、便秘やイライラなどさまざまな不快症状が起きやすくなりますが、これはこのホルモンの影響を受けているためです。この時期は妊娠の可能性が高くなり、その準備期間としてあわせてこのような不快症状が出やすくなります。プロゲステロンが多く出る時期には、肌荒れがひどくなる人も多いので、ホルモン周期に合わせたケアをすることで症状を改善することが可能になります。皮脂の量が多くなったりその影響でにきびが出やすくなるため、洗顔時には余分な皮脂を取るようにすると肌荒れが緩和されます。また、シミの原因となるメラニン生成が活発になるので、美白に効果のあるビタミンCの摂取も効果的です。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る