このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

メラニン

印刷あとで読む
読み:めらにん|英語名:melanin
カテゴリ:美容皮膚科

皮膚の組織内にある褐色または黒色の色素のことを言います。

ほ乳類の皮膚や毛髪の色の素となっていて、紫外線が真皮に到達するのを防ぎ、正常な細胞を紫外線から守っています。

仕組みとしては、体が紫外線などの刺激を受けるとメラニンが生成され、肌の細胞がそれを受け取り、自身を守るバリアとします。そしてゆっくりと表面へと押し上げられ、角質になります。角質は、新しくできあがった皮膚細胞に内側から押し上げられていき、最終的には垢として体からはがれ落ちます。当然、皮膚内部に含まれているメラニンも一緒にはがれ落ちてしまいます。

しかし、紫外線が強すぎるとメラニンが必要以上に発生してしまうことがあります。また、代謝が落ちたり、体内サイクルが崩れてしまうと、供給と排出のバランスが崩れてしまうことがあります。必要なくなったメラニンを含んだ皮膚細胞が垢としてうまく押し出されずに、皮膚表明に残ってしまうと、これがシミやソバカスの原因になってしまいます。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る