このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

腸内環境

印刷あとで読む
読み:ちょうないかんきょう|英語名:INTESTINAL ENVIRONMENT
カテゴリ:美容内科・美容漢方

腸は第二の脳と言われるほど非常に重要な器官です。この環境が健康を左右するといった考えから生まれたのが腸内環境という言葉です。

腸内には腸内細菌があります。2割が善玉菌、1割が悪玉菌、残りの7割が日和見菌、つまり良い働きも悪い働きもする菌となっています。これらの細菌の数は1,000兆個とも言われ、重さにすると約1kgとも言われているのです。

善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれていれば問題ないですが、偏った食生活やストレスなどでこのバランスが乱れて悪玉菌の割合が多くなると日和見菌も悪玉菌に傾いて腸内環境が悪化し、便秘や軟便に悩まされるようになるのです。それに腸内には毛細血管が張り巡らされています。つまり腸内で発生したガスや毒素がこの毛細血管を通じて全身へ巡ることになるのです。それらが肌から排出されることで乾燥肌や吹き出物などの肌トラブルにつながることもあるのです。腸内環境を整えることは便秘や軟便解消だけでなく、美肌にもつながるのです。

関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る