このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

脂肪組織由来幹細胞

印刷あとで読む
読み:しぼうそしきゆらいかんさいぼう|英語名:Adipose Derived Regenerative Cells
カテゴリ:豊胸、若返り・アンチエイジング、再生医療

脂肪組織由来幹細胞(Adipose Derived Regenerative Cells:ADRCs)は、脂肪から抽出した幹細胞のことです。脂肪由来幹細胞、脂肪幹細胞と表記することもあります。

幹細胞とは、「新しい脂肪」や「新しい血管」などに分化(変身)したり、自らを複製する能力を持った細胞のことです。いわば組織や臓器に成長するもとになる細胞なのです。
幹細胞の抽出方法は、骨髄や臍帯血などからも可能ですが、脂肪組織から幹細胞を抽出できる確率が比較的、高いことが分かっています。
これは脂肪組織に含まれる幹細胞の量がとても多いことを示しています。同時に脂肪組織からは、培養をすることなく幹細胞を確保することができ、新鮮な幹細胞としてすぐに使用できることも大きな特長です。
そのため幹細胞治療において、脂肪組織由来幹細胞は注目を集めています。

脂肪組織由来幹細胞に素晴らしい働きをさせるためには、1度脂肪から幹細胞を分離させる必要があります。
幹細胞を分離することで、幹細胞の働きにスイッチが入り、初めて“活性化”します。
活性化した幹細胞を脂肪と混ぜて注入することで、脂肪の吸収や壊死・しこり化を防ぎ、長期的に効果が持続されるようになります。
そのため安全に分離抽出するための装置「セリューションシステム(セルーションシステム)」が開発され、世界各国の研究施設・大学病院などで採用されています。

現在、この幹細胞の働きを応用した、様々な疾患治療の臨床研究が行われており、その有効性が確認されています。幹細胞治療の発展はめざましく、ここ数年の進歩からも、今後ますます発展していくことは明らかです。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る