このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

スプリングスレッドリフト

特長

伸縮性・柔軟性を併せ持つ、特殊構造のリフトアップ糸を使用

フランスで誕生したスプリングスレッドリフトは、コグ(突起)のついた特殊構造の糸(スレッド)を使用したリフトアップ術です。シリコンポリエステル製のため、従来のリフトアップ用糸に比べ柔軟性・伸縮性が高く、筋肉の動きに合わせて伸び縮み。仕上がりがとても自然です。 糸には丸みを帯びた4方向のコグが細かくびっしりと並んでいるため、皮膚を傷つけることなく、しっかりとたるみを引き上げます。

※ スプリングスレッドリフトで使用する糸を「スプリングスレッド(糸)」と呼んでいます。

しなやかに伸縮する糸で、自然な表情を損なわず強力リフトアップ

016-02.png

糸をたるみの気になる部位に挿入し、糸の"コグ"を肌深部へ強力にひっかけてリフトアップさせます。さらに、糸を頭皮下に十分挿入することで、効果の維持と安定性を高めます。 リフトアップして頬に高さが出ることで、お肌にハリとツヤが復活。数年前の「すっきりとした輪郭」「ピンとしたお肌」が若々しい印象を与えるでしょう。 スプリングスレッドリフトで使用する糸は、柔軟性・伸縮性に富んだシリコンとポリエステル製です。顔の筋肉の動きに合わせてしなやかに伸び縮みしますので、自然な表情を損ないません。

No.2_A16.jpg

適応部位

  • フェイスラインのたるみ
  • ほほ前のたるみ
  • 眉のたるみ 目尻、こめかみのたるみ
  • 首のたるみ

効果

1.たるみの引き上げ

糸についたコグを皮下組織にひっかけ、糸を引き上げることで、たるみをリフトアップさせます。糸は吸収されないため、効果が長期間持続します。

2.肌の若返り

施術後3週間程度すると、糸の周囲(皮下脂肪層)に細かいコラーゲンのトンネルが形成され始め、肌のハリ感がアップします。
また、術後2~3ヶ月後にはリバイタライジング(肌再生)効果により、いっそう美しい仕上がりが期待できます。

自然な表情を損なわない“伸縮糸”

糸(スレッド)を使ったリフトアップ術は、手術によるフェイスリフトに比べてダウンタイム(回復期間)が短く、手軽にリフトアップできる方法として人気があります。

しかし、従来のリフトアップ用糸はポリプロピレン製の糸が主流で、伸縮性がありません。そのため、表情の変化による筋肉の動きについていけず、つっぱり感がでたり、表情がややぎこちなくなる場合がありました。 一方、スプリングスレッドリフトは、伸縮性・柔軟性を併せ持つ、シリコンとポリエステル製の糸を使用。そのため、筋肉の動きに合わせて伸び縮みし、自然な表情を邪魔しません。

皮膚を傷つけず、強力にリフトアップする“丸いコグ”

従来の糸についたコグ(突起)はギザギザととがっているため、皮膚を傷つける場合や、傷跡や一過性の痛みを伴う場合もありました。スプリングスレッドリフトは、丸みを帯びた4方向の特殊なコグが、狭い間隔でびっしりと並んでいる特殊な構造をした糸を使用します。組織を傷つけずに、強力に引き上げることができます。

  スプリングスレッド(糸) 従来のリフトアップ糸
構造

丸みを帯びた4方向のコグが狭い間隔(24個/cm)でびっしりと並び、中央で方向が変わる

1方向のギザギザのコグ(突起)が同方向に並ぶ


素材

(糸の)中心はポリエステル、外側とコグはシリコン製。50年以上バイオ素材として使用されている

ポリプロピレン製が主流

弾力性 伸縮性

○ 弾力性、伸縮性に優れ、表情の変化(=顔の筋肉の動き)に合わせて伸び縮み

× ほとんど無い

安全性
  • 欧州CEマーク取得済
  • 有害作用、拒絶反応の報告は一切無い
  • 弾力性が有り、耐久性に優れる
  • 突起が皮下組織にしっかり固定されるため、露出する可能性は低い
  • どちらも完全な生体適合性を持ち、50年以上にわたって使用されている素材
  • 一部にはFDA認可の製品もある
  • 医療で一般的に使用されている素材
  • 糸の耐久性が劣る
  • 糸が固く、肌に断片が露出する場合がある
問題点と改良点 ≪改良された点≫

糸の改良により以下の点が改善。

  • 表情の変化(=筋肉の動き)に連動して糸も伸縮。自然な表情を損なわない
  • 耐久性に優れる
  • 伸縮、柔軟性があり、テンション(圧力)が分散
  • 丸い突起で組織を傷つけず、痛みも少ない
≪問題点≫
  • 糸の素材が固く、筋肉の動きを阻害し、不自然な表情になりやすい
  • 耐久性に劣り、切れたり裂ける場合も
  • 伸縮性が無くテンション(圧力)が集中し、その部分に負担がかかる
  • ギザギザの突起により、一過性の痛みを生じる場合がある
 

効果のメカニズム

糸によるたるみ引き上げ効果

 

スプリングスレッドリフト

一般的な糸の通し方

横断面図

4方向の突起で組織を強力にひっかける

016-07.png

1方向のコグで組織をひっかける

016-05.png

縦断面図

糸が強く、コグも4方向に付いているため、組織を引き上げる力に優れ、持続期間も長い。


016-03.png

糸もコグ(突起)も弱いため、組織(たるみ)を引き上げる力も劣る。術後1ヶ月経つと組織の戻り(たるみ)が見られ、効果が減弱する。

016-01_2.png

コラーゲントンネル形成による肌の若返り効果

010-23.png

さらに、施術後3週間程度すると、お肌の真皮層に細かいコラーゲンのトンネルが形成。糸の周囲を強固に支えるので、若返り効果が持続します。

症例

【30代女性・顔のたるみの改善】ディメンショナル+スプリングスレッドリフト(ハイブリッド法)

Before
20130527095051697_B_2.jpg
After
After
 

【40代女性・若返り】スプリングスレッドリフト

Before
Before
After
After
 

【40代女性・若返り】スプリングスレッドリフト+イントラセル

Before
Before
After
After

施術の比較

施術使用する糸リフトアップ持続期間切開立体感特長

ハッピーリフト

溶ける糸

不要

アプトスの溶ける糸版

シルエットリフト

溶ける糸

必要

コーン状のコグでリフトアップ

溶けない糸

必要

ディメンショナルリフト

溶ける糸

不要※

立体的で自然なラインを実現

溶けない糸

不要※

スプリングスレッドリフト

溶けない糸

不要

伸縮性があり、表情筋にフィット

プレミアムディメンショナルリフト

溶ける糸

不要※

立体的で自然なラインを実現+特殊形状で効果が長期持続

【表の見方】◎=非常に効果がある・大変優れている ●=効果有・良い ▲=難点有 ×=効果なし

※ 小切開を要する場合あり

施術の流れ

STEP1カウンセリング

22_image26.jpeg

医師とのカウンセリングで、気になる症状や部位をお伺いします。 ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

STEP2麻酔

局所麻酔と静脈麻酔を使用します。静脈麻酔では眠った状態で局所麻酔を行いますので、手術中に痛みを感じることはありません。

静脈麻酔は、最低限度の麻酔深度にし、心電図や血圧計などのモニタリングをしながら安全に手術が出来ますのでご安心下さい。

STEP3施術(30分程度)

22_image31.png

スプリングスレッドを、皮下に挿入していきます。 施術部位により異なりますが、施術時間は約30分程度です。

STEP4施術後

22_image32.png

最低限度の麻酔深度で施術を行いますので、施術後はリカバリールームで少しお休みをいただいた後、お帰りいただけます。

ダウンタイム

処置時間

約30分

通院

なし

メイク

当日のメイクはお控えください。翌日より可能です。

日常生活

洗顔・入浴は、翌日より可能です。サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください

腫れ・赤み

局所麻酔によるむくみ・腫れ・内出血が出ることがあります。1~2週間続くこともありますが、徐々に落ち着いていきます。また、2~3日程度痛みを感じることがありますが、痛み止めを処方しますので、ご安心ください。また、しばらくの間は、違和感、ツッパリ感、痛み、刺入部位(糸の入り口)のくぼみ、ひずみ、頭皮(結紮部)の盛りあがり、色素沈着等の症状が見られる場合がありますが、次第に改善されます。

術後の経過

効果については、手術直後より実感いただくことができますが、むくみや腫れが落ち着く2週間~1ヶ月でフェイスラインが安定してきます。効果の出現には個人差があることをご理解ください。

効果

顔の筋肉の動きに合わせてしなやかに伸び縮みする材質の、柔軟性と伸縮性に富んだ糸(非吸収性)を使用し、たるみを改善します。糸に丸みを帯びたコグ(突起)がついた特殊構造で、傷跡を残すことなく、従来の糸よりも優れた引き上げ効果が期待できます。糸を通すだけの処置ですので、所要時間も短く、傷跡が目立つ心配もありません。この施術を受けられた後でもレーザーやRF、イントラセルなどによる治療をお受けいただけます。

副作用情報

極稀に糸を挿入した部分の痛み、腫れ、熱感などがみられる場合があります。症状が持続する場合、炎症・感染などの可能性がありますので、お早めに当院医師の診察をお受けください。また、稀に糸が切れてしまったり、糸が皮膚より露出したりする場合があります。このような場合も当院医師の診察をお受けください。

※ 妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

021__131022_.jpg

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。

※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る