このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ルミキシル(LUMIXYL)

特長

低刺激で透明感。次世代型ブライトニング・コスメ

398_image24.jpg

ルミキシルは米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい成分「Lumixylペプチド」を配合したクリームです(医療機関専売品)。Lumixylペプチドは天然由来のアミノ酸から成るタンパク質で、シミの原因メラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。臨床試験では、医療機関でも多く使用されている「ハイドロキノン」より、ルミキシルの方が17倍も高い有効性※を持つことが確認されています。(チロシナーゼを86%、メラニン生成を40%阻害)ルミキシルは、部分的に白く色抜けすることなく、肌のキメを整え、肌を引き締め、透明感のある肌へと導きます。

398_image36.jpg

ハイドロキノンなどの化学物質はアレルギーを起こすこともあり、敏感肌の方は使用できないというデメリットがありましたが、ルミキシルは完全に非毒・非刺激性のため、肌へダメージを与えることなく、敏感肌の方でもお使いいただけます。塗布後も皮膚のバリア機能を損なわないため、日光による肌ダメージを抑えることができます。

ルミキシルは「低刺激で肌のキメを整える」これまでにない次世代型コスメです。

※チロシナーゼを50%阻害するための濃度を比較したところ、ルミキシルは40μM(マイクロモル濃度)であるのに対して、ハイドロキノンは680μM。つまり、ハイドロキノンがルミキシルと同等の効果を出すには、濃度を17倍にする必要があるということになります。

ルミキシルの効果をより実感するためのシステム

当院では、ルミキシルの効果をさらに高めるために考案された4ステップのスキンケアセット"ルミキシルブライトニングシステム"も取り扱っております。クレンジング、クリーム(ルミキシル)、ピーリング剤、日焼け止めの4つの相互作用により、ルミキシルの効果を高めます。肌のキメを整え、肌にハリや透明感を与えたい方におすすめのホームケアです。

※"ルミキシルブライトニングシステム"は、お取り寄せになります。

メディア掲載情報

【GLITTER(2013/7/7)】夏女の3コンプレックスSOS

【中国版GLAMOROUS(2011年3月号)】隠れシミ対策!で紹介されました

【VoCE(2010/11)】効く!効く!ニッポンの女子を救う最新スキンケア

【GLAMOROUS(2010/9)】すっぴんでも美人♪を叶える最新メソッドとして紹介されました

【NEWS】海外メディアでも、ルミキシルが話題に!

透明感を実感する為のお手入れに

ルミキシルは、医療機関専売のコスメです。非毒・非刺激性のため、敏感肌の方でもお使いいただけます。ルミキシル単体でお使いいただくのも効果的ですが、他のスキンケア施術「肝斑(かんぱん)治療」「レーザー(しみ取り)」「QスイッチYAGレーザー」「美白OPS」などのマシン治療と組み合わせると、より美肌をサポートします。

透明感のあるすべすべの肌に

398_image38.jpg
  • 肌のキメを整える
  • 肌荒れを防ぐ
  • 乾燥を防ぐ
  • 肌にハリ・ツヤを与える
  • ※効果には個人差があります。

ご使用者様の体験談はコチラ

8週間で透明感を実感、16週間で50%改善

モニター女性を対象に行われた、ルミキシルの臨床試験※では、使用後8週目に著しい改善が認められました。さらに12週間後は40%、16週間後には50%の改善が認められたことが報告されています。

:Journal of Drugs in Dermatology, August 2009

症例写真を見る

“Lumixylペプチド”とは

現在、医療機関で多く処方されているのは「ハイドロキノン」という化学物質です。ルミキシルは、このハイドロキノンを超える実力を持つことが、スタンフォード大学で実施された臨床試験によって明らかになっています。

臨床試験では、シミの原因「メラニン」と、それを生成する酵素「チロシナーゼ」の抑制効果において、Lumixylペプチドとハイドロキノンと比較しています。

チロシナーゼ抑制効果86%!

illustration_9-1.jpg

皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素であるチロシナーゼの阻害効果において、Lumixylペプチドは86%の抑制効果が確認されました。同量のハイドロキノンのチロシナーゼ抑制効果と比較すると、17倍も有効的にチロシナーゼを阻害していることになります(※1)。

※1: Lumixylペプチドがハイドロキノンよりも17倍早く効果がみられるということではなく、細胞内レベルの機能が17倍有効であるということが確認されています。

メラニン抑制効果40%!

illustration_9-2.jpg

メラニン抑制効果においても、ハイドロキノンがわずか6%しか抑制できていないのに対し、Lumixylペプチドは40%もの抑制効果が確認されています。

製品開封後に品質劣化しにくい

多くのスキンケア製品は一旦空気に触れると、製品自体の有効性が失われていきます。ハイドロキノンやビタミンCも酸化(変色)するため、初回使用後に有効性が低下しますが、ルミキシルは酸化しません。

<他の成分との比較>

 

安全性の懸念

非刺激性

効果安定性

ルミキシルペプチド

ハイドロキノン

組織褐変症の可能性

×

αアルブチン

コウジ酸

クマコケモモエキス

グリコール酸

日光過敏症・炎症後色素過剰の可能性 

×

×

αヒドロキシ酸

 

×

×

ビタミンB3

ビタミンC

×

完全非毒・非刺激性

既存の色素除去促進を目的とする化粧品の多くは、角質除去(細胞のターンオーバーの助長)により、肌に刺激を引き起こします。レチノイド・αヒドロキシ酸・グリコール酸・ビタミンCなどが、刺激を引き起こす最も一般的な成分です。ハイドロキノンなどの化学物質に対して敏感な方も多く、「ハイドロキノンでは刺激が強すぎて使えない」とお悩みの声も多くありました。また、刺激が強いものでは気になる部分へのポイント使いのみ可能で、顔全体への使用はできないものもあります。

ルミキシルは、肌への刺激・毒性を完全に排除し、肌に優しい使い心地を実現しました。細胞への毒性もありませんので、顔全体にお使いいただけます。

非毒性・非刺激性テスト済

ハイドロキノンはメラニン細胞に対する細胞毒性(細胞増殖や細胞毒性作用を刺激すること)が高いことが明らかになっています。一方、ルミキシルに配合されている「Lumixylペプチド」は、肌のパッチテストにおいて刺激やアレルギー反応の発現は認められていません。

Lumixylペプチドを開発した、スタンフォード大学Basil Hantash博士とそのチームが、Lumixylペプチドによる肌細胞への毒性・刺激性の臨床試験*を行った結果、ヒトのメラニン細胞に毒性作用を及ぼすことなくチロシナーゼを43%減少させることができました。このような臨床試験結果からも明らかになったとおり、ルミキシルは肌への刺激や毒性のない、肌に優しい化粧品といえます。

シミのもと「チロシナーゼ」の働きを抑制

紫外線や日常のストレスなどによって生じる活性酸素により、メラノサイト内の「チロシナーゼ」という酵素が活性化し、メラニンを生成(無色から黒色化させる)します。メラニンが生成されると、肌の表面(角質層)の細胞がメラニンを還元・排泄ためのターンオーバー(代謝機能)が狂い、肌に沈着、シミやそばかすとなって現れます。“Lumixylペプチド”は、このようなシミ・そばかす発生のもととなるチロシナーゼの働きを抑制します。

398_image39.jpg

【ご注意事項】

ハイドロキノンはメラニンの生成を純粋に妨げるのではなく、「皮膚のメラニン細胞を壊死させ、強制的にシミ排泄を促進する」メカニズムです。肌への刺激や細胞毒性が強く、皮膚が薄くなってしまうこともあるため、長期の使用はできません。一方、“Lumixylペプチド”は「細胞を壊死させることなく、メラニンの生成を抑制しシミ排泄を促進する」ため肌へのダメージがなく、長期間でも安心してお使いいただけます。

使用方法

ルミキシルのご使用方法

398_image31.jpg 
  • 朝晩の洗顔後、タオルで水気を拭き取ってから、乾いた肌にルミキシル(豆粒大)を肌全体に塗ります。
  • 美容液やナイトクリームはルミキシルを塗った後にお使いください。

※日中はSPF30以上の日焼け止めを使用してください。

ルミキシルブライトニングシステムのご使用方法

朝晩の使用ステップ

使用時間順序製品作用使用量
1 プレップクレンザー 洗浄 適量
2 ルミキシル 整肌 2プッシュ
3 モイスチャーロックサンスクリーンSPF30 保護 適量
1 プレップクレンザー 洗浄 適量
2 ルミキシル 整肌 2プッシュ
3 GP20 角質除去 薄く肌表面に
  • GP20使用チャート(推奨)
GP20は、レベル1~4まで段階的に使用頻度が設定されていますので、医師の診察のもと「使用チャート」に沿って、正しくお使いいただくことで、より優れた効果が得られます。レベル1もしくはレベル3は1日おきの使用がありますのでご注意ください。

症例/体験談

Before

398_before01.jpg

After

398_after01.jpg

Before

398_before03.jpg

After

398_after03.jpg

Before

398_before04.jpg

After

398_after04.jpg

 

Case1

満足度 ★★★★★
(4/5)

年齢 27歳

肌タイプ 混合肌

使い始めてまだ1ヶ月です。
すっと肌に浸透するのがすごく良いです。
臭いもないですね。ニキビにクリームを塗ることに抵抗があったのですが、 にきびが悪化することもなく、安心して使えます。 肌のトーンが全体的に明るくなったのが嬉しいです。 8週間は必要ということだったので、これからに期待してます♪

Case2

満足度 ★★★★★
(3/5)

年齢 35歳

肌タイプ 普通

クリームなので、ベタつくかな?と心配でしたが、
さらっと浸透して、とっても使い心地がいいです。
あと刺激もなかったです。
使用してまだ1ヵ月ですが、なんとなく透明感が増した気がします。
もうしばらく様子を見たいです。

Case3

満足度 ★★★★★
(2/5)

年齢 25歳

肌タイプ 乾燥肌

1ヵ月使用中です。使用感はとても良いです。
スッと馴染んで、ベタつきもないので夏場でも使いやすそう!
長期使用して効果実感できればいいなと思っているので、これからも使い続ける予定です。

Case4

満足度 ★★★★★
(3/5)

年齢 27歳

肌タイプ 混合肌

センシルと併用で1ヵ月半使用中です。
ハイドロキノンと比べてすぐに馴染む・べたつかないという点で使用感がかなり良いです。
使用感がいいので塗るのが億劫になるこ となく、継続して毎日きちんと塗ってます!
ハイドロキノンで赤みが出る体質なので心配でしたが、赤みも出ず肌への負担がないのがいいですね。
ひとまず半年は継続使用してみたいと思います。

Q&A

Q. ルミキシルの効果はどれくらいで実感できますか?

A. 効果は肌質や遺伝、年齢などによって異なりますが、早い方で8週間後には透明感を実感されています。

Q. Lumixylペプチドとは何ですか?

A. Lumixylペプチドは、スタンフォード大学の研究者により開発された合成ペプチドで一連の天然由来のアミノ酸から成り、構造はタンパク質と全く同一です。

Q. Lumixylペプチドは分子が大きすぎて皮膚に浸透しないのではないですか?

A. ペプチドのサイズは様々で、サイズが大きいものは小さいものよりも皮膚への浸透能力が当然低くなります。Lumixylペプチドのサイズは小さく、皮膚内に問題なく、十分に浸透します。

Q. ルミキシルは他の治療と併用して使用できますか?

A. 他のコスメとの併用に関しても、今のところ問題が起こったという報告はありません。また、レーザーや光治療などのマシン治療と組み合わせると、より美肌をサポートします。

こんな施術も

エムディア(EGF配合エイジングケアコスメ)

397_image30.jpg
― 肌細胞レベルに着目したエイジングケアコスメで肌老化を止める ―

エムディア(M-DEAR)は、ノーベル医学生理学賞を受賞した注目の成分「EGF※(Epidermal Growth Factor)」が配合された、医療機関でのみ販売されているメディカルコスメです。年齢とともに衰える皮膚細胞の再生力に着目し、注目のエイジングケア 成分「EGF」を配合。このEGFは、角質層に潤いを与え、みずみずしい肌に導く働きがあります。

センシル(高濃度・高機能ピュアビタミンC美容液)

398_image27.jpg
― 国際特許取得技術で肌への浸透率92%を実現 ―

センシル(C’ensil)は高濃度のピュアビタミンC(純濃度L-アスコルビン酸25%)配合、医療機関専売の美容液です。国際特許技術により、92% という非常に高い肌への浸透率を実現しました。高濃度ビタミンCの効果により、しみ・くすみの原因となるメラニンの抑制効果が期待できるほか、肌に潤いを 与えます。また、肌の柔軟性を保つ為、ニキビの出来にくい肌へと導きます。従来のビタミンC配合化粧品は、酸化・変質しやすいため、アルコールやパラペンなどの防腐剤が含まれるものが多くありました。センシルは、国際特許技術によりビタミンCの安定度を高めたため、アルコールや防腐剤はもちろん、水も一切使用していません。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る