このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ニキビそのものにお悩みの方へ
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます

イントラセル 特長

イントラセルは、主に“ニキビ跡”に効果を発揮しますが、ニキビそのものが気になる方にも効果が期待できます。熱による殺菌作用や皮脂分泌を抑えることで、新しいニキビを出来にくくしていきます。

ただし、ニキビの進行具合によっては、イントラセルを照射することで逆に悪化させてしまう可能性もあるため、医師の診断の元、適切な治療法をご提案いたします。
また、ニキビ跡よりニキビが気になる方には、抗生剤やトレチノイン、ピーリングなどで治療を行い、ある程度ニキビが治まってからイントラセルを施術することで、肌質の改善にもつながり効果を実感しやすいでしょう。

針の深さ
ニキビ跡を改善するポイント

N-トレチノイン
非常に小さい粒子のナノ化トレチノイン成分が、ターンオーバーを促しニキビができにくい肌へ整えます。従来のトレチノイン製剤と比べ、赤みや皮むけ等が少なく、敏感肌の方でも続けやすい外用薬です。日本の大学病院の研究から生まれた製品です。

ベビーピール(ケミカルピーリング)
当院独自配合の皮むけしないピーリング。肌のターンオーバーを促し、新しいニキビを作らせないようにします。
※N-トレチノインとの併用はオススメしていません。

ディフェリンゲル(アダパレンゲル)
皮膚科等でも処方されるニキビ治療薬で、ニキビ表面の角質を正常化(薄く)し、毛穴の詰まりを取り除きます。様々なニキビに効果的ですが、副作用として皮膚の乾燥・ヒリヒリ感・皮膚が細かくはがれる・赤くみやかゆみが生じるなどがあります。

ニキビはすぐに治るものではありません。
外用薬は少なくとも2ヶ月間
継続することをおすすめします。
続けて使うことによって肌質を改善し、他の治療(イントラセルなど)の効果を高めダウンタイムも軽減できます。

イントラセルによるにきびの改善 症例

※効果には個人差があります。

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る