このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

セリューション若返り術(脂肪組織由来幹細胞移植)

特長

セリューション若返り術とは

セリューション若返り術(脂肪組織由来幹細胞移植)は、ご自身のお腹や太ももから採取した脂肪から、セリューションシステムを用いて脂肪組織由来幹細胞を抽出し、顔のシワ、こけ、くぼみ等に注入する若返り施術(再生医療)です。

顔全体の凸凹をトータルに改善し、丸みのあるラインをつくるため、フェイスリフトのようにお顔全体の印象が若返ります。また、仕上がりや感触も大変自然で、ご自身の脂肪を用いるためアレルギー反応の心配がなく安全性にも大変優れています。

採取した幹細胞を将来の疾患治療のためにバンキング(保存)することも可能です。

※ StemSource®幹細胞バンクご利用時

老けて見える原因、フェイスラインの凸凹に着目

28_image1.png

顔の印象が老けて見える原因は、しわやたるみだけでなく、「顔のこけ」、「くぼみ」などフェイスラインの凸凹もその一つです(右図)。 年齢とともに皮膚が衰え、脂肪も痩せ、「こけ」や「くぼみ」が生じます。 顔の各パーツから「丸み」が失われ、くぼみ部分が影となって、年齢を感じさせる顔の印象になってしまいます。

つまり、若々しく女性らしい顔を取り戻すには、これらの凸凹をトータルに改善し、各パーツに美しい「丸み」や「カーブ」をもたせることが必要です。

セリューション若返り術は、顔全体のくぼみやこけをトータルに改善することで、若々しく、丸みのあるフェイスラインをつくります。従来の注入法では得られなかった、顔全体の印象を若返らせる効果が得られます。

適応症状

No.5_A_34.jpg

目元のシワやほうれい線、目の下から伸びるインディアン線など、様々なシワの改善が可能です。 また、これまでの注入法では難しかった、頬やこめかみ、目の下などの比較的大きなくぼみもふっくらときれいに改善することができます。 さらに、女性らしい丸みのある額の形成や、フェイスラインを整えることも可能です。

28_image30.gif
  • 頬のこけ
  • 目もとのくぼみ
  • コメカミのくぼみ
  • ほうれい線などの深いシワ
  • 唇のボリュームアップ など

5つの特長

1)注入法やフェイスリフトとは一線を画す、若返りの新手法

若々しく女性らしい顔を取り戻すには、凸凹をトータルに改善し、額や頬など各パーツに美しい「丸み」や「カーブ」をもたせることが必要です。

しかし、現在一般的に行われている注入法(ヒアルロン酸注入やPRP療法)では、シワを部分的に改善することができても、顔全体の印象を若返らせることは困難です。

顔全体の印象を若返らせるには、フェイスリフトなどの手術が必要となります。しかし、フェイスリフトは「たるみ」の改善には大変効果的ですが、目の下のくぼみやこけの改善は難しく、各パーツに「丸み」や「カーブ」を持たせるにはPRP療法や脂肪注入などの併用が必要となります。

セリューション若返り術は、老化に伴う顔全体の凸凹をトータルに改善することで、フェイスリフトをしたような若々しいフェイスラインをつくることが可能です。

28_image3.png

2)高精度で活性度の高い幹細胞を抽出する“セリューションシステム”を使用

28_image31.png

脂肪組織由来幹細胞の抽出には「セリューションステム」を使用します。

セリューションシステムは、米サイトリ・セラピューティクス社製の全自動幹細胞抽出機器で、現在、医療分野への応用が世界各国で行われています。
美容目的としては聖心美容クリニックが世界で初めて導入を果たしました。

このシステムの導入により、短時間で高精度かつ活性度の高い脂肪組織由来幹細胞抽出が可能となりました。

高い脂肪生着率を実現
28_image5.png

時間の経過と生着率の変化のグラフ 脂肪吸引を行うと、吸引された脂肪中の幹細胞は減少・劣化してしまいます。つまり、そのまま移植しても幹細胞の効果を最大限に発揮させることは難しいのです。 また、脂肪は注入されると毛細血管に取り込まれ、その部位の組織として生着します。生着率には個人差がありますが、従来の脂肪注入による若返り法では、注入した脂肪の約30%~50%程度が生着し、残りは自然に体内に吸収されてしまいました。

一方、セリューション若返り術では、セリューションシステムで幹細胞の分離・抽出を行い、幹細胞がより働けるような状態にして移植することで、脂肪の生着率を70~80%と、より高く保つことができるのです。

セリューションシステムとは?
28_image6.png
  • 特殊な遠心分離方法により、効果的な定着を促す幹細胞の濃縮液を短時間で精製
  • 精製度の高い酵素を用い、脂肪組織内にある幹細胞を効率的、かつ高活性・高濃度な状態で分離凝集
  • 自動システムのため、外部接触(感染物質等)の機会が極端に低い
  • 米国特許7429488号取得20101月)
  • ISO9001、ISO13485の認証取得の工場で製造
  • 欧州CEマーク認定、米国FDA認可により安全性が確認済
  • 医療界のノーベル賞と呼ばれる「フロスト&サリバン賞」を受賞(サイトリ・セラピューティクス社)
  • 人的コストの削減により施術費用の負担も軽減

サイトリ・セラピューティクス社

3)幹細胞の抽出には、安全性が確認された唯一の酵素を使用

28_image7.png

脂肪組織内に含まれている幹細胞を脂肪細胞から分離し、濃縮するためには特殊な酵素が必要となります。その酵素は、全世界的に見ると数種類しかありません。その中でも、人体に使用して良いとFDA(米国食品医薬品局)とCE(EU品質基準)から認可を受けているのは、サイトリ・セラピューティクス社の、非動物由来の酵素のみです。

ご注意ください!

セリューションシステム以外で使用されている幹細胞分離のための酵素は、人体に使用を許されていない動物由来の酵素であり、危険性が高いといえます。現に、サイトリ・セラピューティクス社製以外のメーカー(韓国製など)の脂肪組織由来幹細胞抽出機器等は、非常に安価なシステムであり、かつ安全性は一切担保されておらず、シンガポール・台湾・香港の臨床現場において、感染症が複数報告され、現地医師は使用を中止している方が多いのが現実です。 豊胸術を受ける前に、使用する「酵素」の安全性について、確認することをお勧め致します。

4)脂肪細胞を壊さない吸引技術で活性度の高い幹細胞を採取

28_image8.png

脂肪組織由来幹細胞の“質”を測る指標として「活性度(生存率)」があります。脂肪組織由来幹細胞の活性度が高い程、バスト注入後の生着率が高まります。しかし、脂肪吸引の技術力が低いと、吸引時に脂肪細胞を傷つけてしまい、脂肪組織由来幹細胞の活性度も大幅に低下してしまうのです。

28_image9.png

活性度が高い、「良質な脂肪を壊さずに吸引する」ためには、高度な吸引技術が必要です。

  • 当院で採取した脂肪から得られた幹細胞は、他院のものに比べ20%も活性度が高いことが実証されています(2009年オリンパス社調べ)
  • 2010年に香港で開催された世界的な美容・アンチエイジングの学会「IMCAS ASIA」にて、鎌倉統括院長が「脂肪吸引技術の違いによる幹細胞の生存度」について講演しています。

当院では、脂肪吸引部のアフターケアとして、インディバCET(高周波温熱トリートメント10分間)を1回無料で行っています。

5)不要な細胞・液体を除去して脂肪を濃縮する“ピュアグラフト250”を使用

脂肪吸引で吸引した液体には、脂肪細胞以外にも水分や血液などの成分が含まれています。脂肪の生着率を高めるには、脂肪細胞以外の成分を極力取り除くことが必要です。通常の遠心分離機では、水分の除去しかできず、細胞の選定は不可能です。

しかし、当院で採用している「ピュアグラフト™250(Puregraft™)」は、特殊なフィルター(膜)で、脂肪吸引で採取した液体に含まれる様々な細胞・液体を選定し、水分だけでなく、脂肪細胞以外の不要な成分を20%以下にまで取り除きます。このピュアグラフト™250を使用することにより、生着率をさらに高めることが可能になりました。

 

28_image10.png

ピュアグラフト™250は、セリューションシステムの開発・製造元であるサイトリ・セラピューティクス社(米国)の製品です。

≪実証済≫幹細胞を確実に残す

ピュアグラフト™250の細胞・液体選定能力の優れた特長にはもう1つ「幹細胞を残す」という点があげられます。吸引した脂肪をフィルターで選定する際、不要な細胞・液体のみを除去し、必要な幹細胞はしっかり残すことができるのです。処理後の脂肪細胞液に含まれる脂肪細胞と脂肪組織由来幹細胞の量(割合)は、常に一定であることが実証されています(サイトリ・セラピューティクス社調べ)。

生着率をさらに高める“PRP血小板”注入

28_image12.png

脂肪組織由来幹細胞に、ご自身の血液から取り出した血小板成分PRPとグロースファクター(成長因子)を加えることで、脂肪の生着率をさらに高めたり、皮下組織内でのコラーゲン産生などを促し肌組織の再構築力をより活性化させる施術プラン『脂肪組織由来幹細胞移植+プレミアムPRP』注入も実施しています。

PRPとは?

PRPとは、自分自身の血液に含まれる血小板を高濃度に濃縮させた、血小板を多く含む「多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょうPlatelet - Rich Plasma)」です。

血小板は体の中で血を止めたり壊れた血管や細胞を治す働きをしています。そしてこの血小板には「成長因子」と呼ばれる、体の細胞を元気にして若返らせる成分があり、この成長因子が放出されることによって毛細血管の新生などが促され、注入した脂肪の生着率を大幅に向上させることが期待されています。

img_01.jpg
 

当院では、このPRPを用いた最先端の血小板療法「プレミアムPRP皮膚再生療法」も実施しています。

これは聖心美容クリニックと日本人医師グループの共同臨床応用により導入が実現した次世代フィラー(注入法)と呼ばれる、大変優れた血小板注入法で、従来のコラーゲンやヒアルロン酸注入以上の効果をもたらし、なおかつ自分の血液を使用した安全性の高いアンチエイジング療法です。

採取した幹細胞をバンキング

28_image40.png

聖心美容クリニック 東京院では、「StemSource®幹細胞バンク(脂肪組織由来幹細胞凍結保存システム)」を導入しています。

StemSource®幹細胞バンクとは、ご自身の脂肪から採取した幹細胞を-150℃の窒素タンク凍結保存し、将来の疾患治療・若返り・乳房再建等でご活用いただくための先進医療サービスです。加齢により幹細胞を含むすべての細胞は老化しますので、より若く、健康な時に幹細胞を保管しておくことが重要です。

28_image41.png

現在、世界中で幹細胞を使った難病・疾患治療の臨床研究が進められており、その効果が確認され始めています。セリューション若返り術で採取した幹細胞を凍結保管しておくことは、将来健康を損ねた際、治療に役立てるための「保険」ともいえるでしょう。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

C_img10.jpg

医師とのカウンセリングで、気になる症状や部位をお伺いします。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

STEP2麻酔

静脈麻酔を行い、さらに止血剤などを含んだ麻酔液を脂肪吸入部位に注入します。

STEP3脂肪吸引

腹部・臀部または大腿部より脂肪を吸引します(幹細胞抽出用、注入用)。
※脂肪吸引部のアフターケアとして、1週間後にインディバCET(高周波温熱トリートメント)を行います(無料)。

STEP4幹細胞抽出

28_image44.png
28_image48.png

幹細胞抽出用の脂肪

セリューションシステムを用いて、滅菌操作を行いながら幹細胞を分離し、濃縮幹細胞液を精製します。

28_image46.png
28_image45.png

注入用の脂肪

ピュアグラフト™250を用いて、脂肪吸引した液体から、脂肪細胞以外の不要な液体細胞を除去します。

STEP5脂肪注入

28_image50.png

濃縮幹細胞液と吸引した脂肪組織を混合したものを、顔のシワやくぼみの状態にあわせて皮下組織内に少量ずつ注入します。

STEP6(オプション)幹細胞をバンキング

28_image51.png

採取した幹細胞をバンキング(保存)することも可能です。

※StemSource® 幹細胞バンクご利用時
※2~5までの施術時間は約3時間です。

ダウンタイム


当日

施術後、お休みいただけるようなリカバリールームをご用意しています。当日ご帰宅いただくことも可能です。ホテルの予約代行サービスも行っています。

3日後

診察・ガーゼ交換

1週間後

診察・抜糸

1ヶ月後

診察
●脂肪吸引部のアフターケアとして、インディバCET(高周波温熱トリートメント)を行います(無料)

3ヶ月後

診察

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。
※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

処置時間 約30分

※ セリューションシステムにて幹細胞を抽出するため、別途約2時間かかります。

通院

あり(施術1週間後の抜糸)

メイク

当日のメイクはお控えください。翌日より可能です。

日常生活

シャワーは3日後から可能です。入浴は抜糸後(約一週間後)から可能です。
サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。

腫れ・赤み

施術後、脂肪注入部位の張り感や筋肉痛のような痛みがありますが、時間の経過と共に落ち着いてきます。脂肪注入部位、脂肪吸引部位に内出血が出ることもありますが、時間の経過と共に改善されていきます。多少の個人差はありますが、2週間程度です。

術後の経過

【脂肪注入部位】

脂肪を注入した部分の針穴には、手術後テープが貼ってあります。生着しない脂肪は自然に吸収され、約1ヶ月で状態が安定します。

【脂肪吸引部】

手術後の浮腫みを最小限にし、回復を早めるため、3日間圧迫固定を行います。3日後に固定を外します。腫れや浮腫みは残っていますが、徐々に改善されていきます。脂肪吸引部は、手術2週間経った頃から硬さ(硬縮)が出てきます。これは、手術後の自然な経過となり、ご自身でのマッサージやアフターケア(インディバCET、エンダモロジー)(別途費用)をお受けいただくことで、回復を早めることができます。

効果

自分の脂肪から取り出した幹細胞を濃縮し、脂肪とともにシワ、凹みなどに注入していきます。移植された幹細胞は新しい脂肪組織に分化したり、血管内皮細胞に分化したりするため、脂肪の生着率(定着する割合)が極めて高く、持続期間が長いことが特長です。また、自分の脂肪組織を使用するため、アレルギーなどの可能性も極めて少なく安全性の高い治療法といえます。注入した脂肪の生着率を高めるために、再生医療の技術を応用したPRP※1を脂肪と同時に注入する方法があります(別途費用)。

副作用情報

稀に、脂肪注入部位のしこり・凹凸が見られることがあります。脂肪注入部位の脂肪の生着については、個人差があることをご理解ください。

※1 この治療に使用するグロースファクター(成長因子)は、悪性腫瘍の既往がある場合、腫瘍を増大させる可能性があるとされています。悪性腫瘍の既往がある方は、必ず医師へご報告ください。
※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

より安全な施術のために-弾圧ストッキングの着用

近年、手術後の深部静脈血栓症(DVT)や肺血栓塞栓症(PTE)を起因とした静脈血栓塞栓症(VTE)が増加傾向にあります。深部静脈血栓症は、下肢の静脈血管に血栓(血の固まり)ができてしまう病気です。深部静脈血栓症の血栓の一部がはがれると、次に肺に血栓が飛んでいきます。これを肺塞栓と言います。

当院ではうとうとと眠ったような状態で(あるいは実際に眠った状態で)、自発呼吸はしっかり維持したまま手術を行う静脈麻酔を使用しており、また術後約2時間で歩行可能な施術のため、血栓の発生リスクは低いと考えています。

しかし、患者様の体へのご負担を軽減するため、血栓の発生リスクが高いと言われている方(下記参照)には、弾圧ストッキングを着用(※)していただいております。この弾圧ストッキングの着用により、下肢静脈のうっ滞(血流などが静脈内などに停滞した状態)を予防し、手術後に伴う深部静脈血栓症や肺塞栓の合併を起こしにくくすることができます。

※ 費用はかかりません。

対象の患者様

1)静脈麻酔2時間以上の手術をお受けになる65歳以上の方
2)以下の既往歴のある方

・BMI30 以上の方 ・下肢静脈瘤がある方  ・エストロゲン治療を行っている方

※ 該当する方はスタッフにお申し付けください。

当院では、身体的負担の軽減と、常に患者様の安全を第一に考え、最高品質の美容医療の提供に尽力してまいります。

施術の比較

  セリューション若返り術 ヒアルロン酸注入 プレミアムPRP皮膚再生療法 肌細胞再生療法 フェイスリフト
治療内容 ご自身の吸引脂肪からセリューションシステムで幹細胞を抽出し、注入用脂肪と混ぜて患部に注入。 ヒアルロン酸薬剤を患部に注入。 ご自身の血液にグロースファクターを加え、患部に注入。 ご自身の耳の後ろの皮膚を採取し、血液で4週間培養し患部に注入。 皮膚や皮下組織のたるみを切開し、外科的に引き上げる。
組織採取 太腿部・腹部等の脂肪200cc 不要 血液 耳の後ろの皮膚1mm×3mm 余剰部分(切除)
組織培養 不要 不要 不要 必要(6~8週間) 不要
施術回数 1回
(脂肪吸引・幹細胞抽出・注入)
効果維持には継続的な注入が必要(半年) 効果維持には継続的な注入が必要(3年) 2回
1~2週間隔
1回
適応症状
  • 頬のこけ
  • 目もとのくぼみ
  • こめかみのくぼみ
  • シワ
  • シワ
  • 鼻アゴ形成
  • シワ
  • 軽度のくぼみ
  • 小ジワ
  • 肌老化の予防
  • たるみ
メリット
  • シワもくぼみもトータルで改善
  • 丸み形成が可能
  • 複数部位が同一費用で治療可能
  • 安全性が高い
  • 長期的に持続
  • 効果が自然
  • 即時的効果
  • 手軽
  • 即時的効果
  • 手軽
  • 効果が自然
  • 安全性が高い
  • 長期持続
  • 安全性が高い
  • 肌老化予防
  • 効果が自然
  • リフトアップ効果が高い
デメリット ・軽度の脂肪吸引が必要
・初回の費用は高額
  • 効果が短い
  • 異物である
  • 不自然
  • 複数部位の治療には費用がかさむ
  • 効果実感に1ヵ月程かかる
  • 3年程度で効果が薄れる
  • 複数部位の治療には費用がかさむ
  • 効果実感に時間がかかる
  • ダウンタイムが長い

症例

Before

施術前

After

ADRC_img_A.jpg

Before

施術前

After

施術後

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る