このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ディメンショナルリフト

特長

たるみ引き上げ力&効果持続力ともに高まった、切らないフェイスリフト

従来の糸によるリフトアップは、負担の軽さがメリットですが、その分、リフトアップ効果と持続力に関しては、手術によるフェイスリフトより劣る、というデメリットがありました。
当院ではこのデメリットを解消するため、16年間培ったフェイスリフト技術と経験をもとに、リフトアップ効果・保持力を高めることのできる「糸のコグ(引っかけ部)・長さ・数・スパイラル(ねじれ)の程度」を導き出しました。
そして、その数値に基づき、オーダーメイドで製造した特殊構造の糸による、切らないリフトアップ術が「ディメンショナルリフト」です。
2010年5月の施術開始以来、効果の高さとダウンタイムの軽さから人気を集め、2011年7月には400症例を達成しました。

018-01.png
  • 従来の糸より「たるみ引き上げ力」「効果持続力」ともに優れた糸を使用
  • メスを一切使わず、手術によるフェイスリフト(ミニリフト)同等の効果が得られる
  • 3Dリフトアップ手法を用いるため、自然で立体的なフェイスラインが実現
  • 小範囲の施術のため、術後の腫れがほとんどなく、傷跡も目立たない
  • 糸は外科領域で多く使用されている信頼性の高い素材を使用

適応症状

顔や首のたるみを負担なく治療

一般的に、糸(=スレッド)を皮膚の下に通し、脂肪組織に糸の返しや突起を引っかけるようにしてたるみを引き上げるリフティングの方法を「スレッドリフト」といいます。フェイスリフト(手術)に比べ、リフトアップ効果は劣りますが、術後の腫れなどダウンタイムが短いため、手軽なリフトアップ術として知られています。
この「ディメンショナルリフト」は、スレッドリフトの手軽さはそのまま、フェイスリフト同等の効果が得られる、当院オリジナルの施術です。また、リフトアップ可能な部位が広く、顔全体・首のたるみ治療に対応しています。

020_2__md_1021.jpg

糸を通す箇所

no2_S.png
糸を通す箇所

頬のたるみやほうれい線を改善する場合は、こめかみ(頭髪内)から頬の下に向かって糸を通します。額のシワやたるみを改善する場合は、眉山を中心に髪の生え際に向かって数本糸を通します。首のたるみやシワの場合はアゴの下から耳の後ろ(頭髪内)に糸を通します。
糸の通し方は、従来の平面的(2D)ではなく、立体的(3D)に通していきます。

皮膚の切開不要

糸によるリフトアップ術の中には、糸挿入部位の切開が必要な施術もありますが、ディメンショナルリフトはメスを一切使用しない(皮膚の切開不要)のため、術後の傷跡も目立ちません
また、術後の腫れも少なく、日常生活への支障もほとんどありません
これだけの軽負担でありながら、通常のフェイスリフト(手術によるたるみ治療)同等の優れたリフトアップ効果が得られるのが、ディメンショナルリフトの特長です。

当院が16年間で培った実績・経験から誕生!特殊構造の糸で強力リフトアップ

糸(=スレッド)によるリフトアップ術は、アプトスやハッピーリフト等、様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがありました。ディメンショナルリフトは、これまで様々な糸による施術を行ってきた当院のノウハウをもとに、独自で研究開発した特殊構造の糸(ディメンショナルスレッド)を使用します。
ディメンショナルスレッドは、従来の糸のメリットはそのままに、より「リフトアップ力」と「効果持続力」を高めることに成功しました。下記の写真で比較しても、糸のコグ(引っかけ部)や太さに、明らかな違いがあることがわかります。

018-02.png018-03.png018-04.png018-05.png

3Dリフトアップ手法で、より自然で立体的なフェイスラインを実現

ディメンショナルリフトでは、従来の糸によるリフトアップ術に比べて、「狭い範囲」に「より多くの糸」を使用します。
また、糸を通す位置も平面的(2D)ではなく、「立体的(3D)」に挿入していきます。この3つのポイントを組み合わせることで、より自然で立体的なフェイスラインに仕上げることが可能になりました。
下記は、一般的な糸の通し方とディメンショナルリフトを比較した、皮下組織の断面図です。

 ディメンショナルリフト一般的な糸の通し方
横断面図

016-06.png

  • 横・縦方向に立体的に糸を挿入
  • 使用する糸の本数が多い

016-04.png

  • 横一列に並列して糸を挿入
  • 使用する糸の本数が少ない
縦断面図

糸が太く、コグも強いため、組織を引き上げる力に優れ、持続期間も長い。糸の本数も多いため、より強力なリフトアップが可能。
※より高い効果をご希望の方にはプレミアムディメンショナルリフトがおすすめです。

148_image5.jpeg

糸が細く、コグ(返し)も弱いため、組織(たるみ)を引き上げる力も劣る。術後1ヶ月経つと組織の戻り(たるみ)が見られ、効果が減弱する。

表面

no2_S.png

  • 口横・口角・下アゴのラインではなく、皮膚が丈夫な、もみあげ下方(頬骨下のくぼみが生じる部分の下側)から引き上げるため、糸の引っ掛かりがよく、元に戻りにくいほか、凸凹も生じにくい
  • 横方向に糸を挿入するため、立体的なフェイスラインをつくることができる。また、糸の本数も多いため、糸の線が集まって「面」としてのリフティング効果が得られる。
  • 施術範囲が狭く、皮膚が丈夫な部位のみに糸を通すため、術後の腫れがほとんどなく、回復が早い

no2_A1.png

  • 口横・口角・下アゴのライン付近で引き上げるが、この部位は皮膚が柔らかいため、窪んだり、その上部が膨らんだりと凸凹が生じる。
  • 縦方向に長く糸を挿入するため、平面的なフェイスラインになりやすい。糸の本数も少ないため、「細い線」によるリフティング効果しか得られない。
  • 施術範囲が広く、皮膚が弱い部分にも糸を通すため、術後の腫れが生じやすく、回復に時間がかかる。

シミュレーションシステムで術後のイメージを事前に確認できる安心感

C_img12.jpg

当院ではコンピューターを用いた“シミュレーションシステム”を用いて、カウンセリング時に患者様の「こうなりたい!」という理想のイメージを医師と共有しています。施術後のイメージを的確にシミュレーションできるので、安心して施術をお受けいただくことができるので、術後の満足度も高くなっています。

シミュレーションシステムの重要性

鏡の前で両手を使って頬のたるみを持ち上げたときのフェイスラインになりたい、と感じたことはないでしょうか?理想のラインは一人ひとり異なりますし、細かなニュアンスを口頭で伝えるのは非常に難しいものです。そこで、コンピューターの画面上で術前・術後の変化をシミュレーションしながら、理想のイメージを医師と共有することがとても重要になってくるのです。

施術の比較

施術

使用する糸

リフトアップ

持続期間

切開

立体感

特長

ハッピーリフト

溶ける糸

不要

アプトスの溶ける糸版

シルエットリフト

溶ける糸

必要

コーン状のコグでリフトアップ

溶けない糸

必要

ディメンショナルリフト

溶けない糸

不要※

立体的で自然なラインを実現

スプリングスレッドリフト

溶けない糸

不要

伸縮性があり、表情筋にフィット

プレミアムディメンショナルリフト

溶ける糸

不要※

立体的で自然なラインを実現+特殊形状で効果が長期持続

【表の見方】 ◎=非常に効果がある・大変優れている  ●=効果有・良い  ▲=難点有  ×=効果なし
※小切開を要する場合あり

 

“効果は高く、負担は軽く”を実現したディメンショナルリフト

img_05.jpg

症例

【30代女性】1週間も経つとほとんど違和感がありません

Before
20110207111059153_B.jpg
After
20110207111059153_A.jpg

強いたるみではありませんが、少し頬が落ちた感じがするとのことで、ディメンショナルリフトを行いました。特殊な糸を用いたリフトアップですが、糸が通る部分は耳の上~こめかみ~耳の前くらいなので、髪の毛を下ろしていただければ、翌日からいかにも手術後という違和感がありません。
手軽にリフトアップを希望される方にぴったりの処置です。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

C_img16.jpg

医師とのカウンセリングで、気になる症状や部位をお伺いします。 ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。 また、シミュレーションシステムを使って、術後のイメージを共有します。

STEP2マーキング

20_image30.png

施術部位にマーキングをします。

STEP3麻酔(静脈麻酔

施術中は眠った状態で行いますので、痛みを感じることはありません。

STEP4固定

糸を筋膜や組織の1点に固定します。施術時間は30分程度です。また施術後、局所麻酔による若干のむくみと引きつれ感はありますが、ひどい痛みは感じません。

ダウンタイム

処置時間

約30分

通院

なし

メイク

当日のメイクはお控えください。翌日より可能です。

日常生活

洗顔・入浴は翌日より可能です。サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。

腫れ・赤み

施術後、痛み・むくみ・腫れ・内出血が出ることがあります。1~2週間続くこともありますが、徐々に落ち着いていきます。また、しばらくの間は、違和感、ツッパリ感、頭重感、痛み、刺入部位(糸の入り口)のくぼみ、ひずみ、頭皮(結紮部)の盛りあがり、色素沈着等の症状が見られる場合がありますが、次第に改善されます。

効果

従来のフェザー糸(ギザギザの糸)よりコグ(ギザギザの部分)の強度を高め、コグの数を増やし作成したオリジナルの糸(ディメンショナルスレッド)を使用します。糸を通すだけの処置ですので、傷跡が目立つ心配もありません。効果については、施術直後より実感いただくことができますが、むくみや腫れが落ち着く2週間~1ヶ月でフェイスラインが安定してきます。効果の出現には個人差があることをご理解ください。この施術を受けられた後でもレーザーやRF、イントラセルなどによる治療をお受けいただけます。

副作用情報

極稀に糸を挿入した部分の痛み、腫れ、熱感などがみられる場合があります。症状が持続する場合、炎症・感染などの可能性がありますので、お早めに当院医師の診察をお受けください。また、稀に糸が切れてしまったり、糸が皮膚より露出したりする場合があります。このような場合も当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

325_image34.png

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。
※施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る