このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

異物を入れないにこだわる豊胸術

  • 脂肪幹細胞でしこりも最小限
  • ピュアで良質な脂肪を注入
  • 自分の脂肪でナチュラルに

「バストを大きくしたいものの、異物をいれるのは少し不安。長期的にみて、安全性の高い施術がよい」という方には、ご自分の脂肪を注入する方法をおすすめしています。注入した脂肪が、胸に残る率(生着率)別に、3種類の方法があります。聖心美容クリニックでは、脂肪を効率よく採取できるマシンも導入。痩せ型で脂肪があまりなく、他のクリニックで断られた方もご相談ください。

最高峰は、幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)

生着率70~80%

ピュアグラフトで不純物を取り除いた「ピュアな脂肪」に、さらに「活性を高めた」幹細胞を追加して注入する方法です。

濃度が高く、活性度の高いイキイキした幹細胞を注入することで、脂肪の生着率が70~80%に高まり、しこりのリスクを最小限に抑えられます。

※幹細胞豊胸が受けられるのは、日本国内では当院含め3クリニックのみです(2015年3月現在)

幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)のページへ

ピュアグラフト豊胸術(濃縮脂肪注入)

生着率50~60%

脂肪から不純物を20%以下にまで取り除き、「ピュアな脂肪」にしてから注入する方法です。不純物のろ過には、「ピュアグラフト」を使用。古い脂肪や血液、水分などを特殊フィルターで除去することで、生着率が50~60%に高まります。

※聖心美容クリニックは、ピュアグラフトの開発にも参画しています。

ピュアグラフト豊胸術(濃縮脂肪注入)のページへ

脂肪注入法

生着率30~50%

吸引した脂肪を注入する従来の方法です。脂肪に不純物が多いため、シコリ化しやすく、生着率も30~50%と低いため、当院ではピュアグラフト豊胸術か幹細胞豊胸術を推奨しています。

脂肪注入法のページへ

聖心美容クリニックでは、大きさ・形、さわり心地、最先端、自然な方法などいろいろなこだわりに対応できる豊胸術を行っております。

 

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る