このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

あなたのなりたい胸はどれですか?

脂肪やヒアルロン酸など、注入による豊胸術は、注入する箇所と量を調整することで、自由にバストラインを形成することが可能です。ここでは、その例をいくつかご紹介します。

注入する箇所でバストラインを形成

全体的にバストアップしたい場合

バスト全体にまんべんなく注入することで、全体的にバストアップ。

胸の谷間を作りたい場合

バスト内側へ多めに注入することで、胸の谷間を形成。

デコルテにハリがほしい場合

バスト上部に多めに注入することで、ハリのある美しいデコルテラインに。

左右差を調節したい場合

バストの左右で大きさ・形に違いがある場合も、小さい方へ多めに注入することでバランス調整可能。

上向きのバストにしたい場合

バスト下側に多めに注入することで、ツンと上向きのバストに。

ボリュームを出したい場合

バストの外側に多めに注入することで、ボリューム感のあるバストに。

case1 授乳後に左右がアンバランスにデコルテもしぼんでしまった

という場合には、バストの小さい方とデコルテに多めにヒアルロン酸を注入します。

case2 矯正下着に頼らずに、ツンと上向きのグラマラスなバストにしたい

という場合には、バストの下側と外側に多めにヒアルロン酸を注入します。

このように、バストラインには色々なバリエーションがあるため、患者様のご希望を確認しながら、バストラインを緻密にデザイン。注入する量や箇所の調整が必要です。そのため、「一つ上の仕上がり」を実現するためには、実は施術を行う医師の技術力と美的センスがとても重要です。

 

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る