このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
img01.jpg
img02.jpg
img02after.jpg

眉下切開法(眉下リフト)とは?

眉下切開法(眉下リフト)は、目元の自然な印象は変えずに、上まぶたのたるみを改善する施術です。二重ライン上の皮膚の厚みを軽減することができるため、加齢とともに二重ラインが狭くなってきた方や、20~30代の方でも、上まぶたの腫れぼったさが気になっている方には特に適した方法です。
手術では、眉下のラインに沿って切開するため、傷跡が眉毛に隠れて目立ちにくいことが特長です。

img03.gif

当院「傷跡がわからない「仕上がりがキレイな理(ワケ

いくら目の上のタルミがなくなっても、切開の傷跡が目立ったり、皮膚が引きつれて目の動きが不自然になってしまっては意味がありません。
当院では、このような点に配慮した手術を行っているため、安心してお受けいただけます。

img04.gif

一般的な眉毛に沿って切開する方法では、眉毛の毛根にダメージを与えて、毛が生えてこなくなってしまう場合があります。当院では、切開方法を工夫することで、眉毛を残すテクニックを用います。眉毛が残ることで、術後の傷跡もより目立たなくなります。

img05.gif

皮膚が寄れる「ドッグイヤー*」対策には、縦と横の比率と、デザイン、縫合の仕方が重要です。通常は上側の切開線よりも下側の切開線が長くなるのでどうしてもしわ寄せが出ます。そのため、当院では、熟練の医師が、シワの寄りにくいデザインと、img06.jpgヨレを細かく修正する縫合技術を用いて施術を行います。

*皮膚の縫い縮める処理が不十分な場合に起こる皮膚の盛り上がり。

img07.gif

患者様の中には、眼輪筋(眼球を支える筋肉)を切除した方がキレイに仕上ることがあります。しかし、全ての患者様に適応するとは限りません。眼輪筋を処理することで、反対に、img08.jpg皮膚のよれが強くなり仕上がりが汚くなってしまう場合もあるため注意が必要です。当院の医師は、症状を見極め最適な方法でご提案をします。

img09.gif

患者様一人一人の目の形・症状に合わせて施術するため、キレイな仕上がりを実現することができます。例えば、切開線が目頭または目尻側の眉毛ラインになる方やアートメイクをされている方はそのラインからはみ出してしまうと、傷跡が目立ってしまいます。また、タルミが強く一回でははみ出してしまうような症例では、二回に分けて眉毛の範囲内で切除する事も可能です。

img10.gif

クリニックの中には、眼輪筋の切除・吊り上げが適さない患者様に対しても、眼輪筋の切除・吊り上げを勧めオプション料金を請求することがあります。当院では、不必要なオプションを勧めるようなことはありません。医師の的確な診察の上、症状をしっかりと見極め、患者様にとって一番良い方法で施術を行います。

症例写真

※聖心美容クリニックでは、症例写真に対して、不当に効果があるように見せる加工は一切行っておりません。
※意図せず光の当たり具合(ライティング)がビフォーアフターで異なる場合がございます。
※目もとは、メイク前提で施術される方が多い施術のため、メイク後の写真を掲載している場合がございます。

30代女性
Before
Before
After(術後3週間)
After
40代女性
Before
Before
After(術後6ヶ月)
After
50代女性
Before
After
After(術後1ヶ月半)
After
60代女性
Before
Before
After(術後10日)
After
さらに症例写真を見る

目の上のたるみ取りの種類は4つ

目の上のたるみ取り手術は大きく分けて4種類あります。まぶたの状態に応じた手術方法により、若々しい理想の目元を実現します。

 眉下切開法
(眉下リフト)
重瞼線部切開法眼瞼下垂
(埋没法)
眼瞼下垂
(腱膜縫縮法)
適応症状 ・上まぶたのたるみ
・上まぶたの厚み
・上まぶたのたるみ
・眼瞼下垂(軽~重度)
・眼瞼下垂(軽~中程度) ・眼瞼下垂(軽~重度)
メリット ・たるみだけでなく、まぶたの皮膚の厚みも軽減できる
・たるみで隠れた二重が復活
たるみだけでなく、眼瞼下垂の治療や二重形成も同時に可能 術後の腫れが少なく、回復も早い 重度の下垂も改善可能
デメリット 元々の眉毛ラインが細くなる
⇒眉墨ラインに沿って切開する為、メイクでカバーすることが可能 コピー
術後の腫れがある 術後の腫れがある
⇒眉下切開法も同時に行うことで回避可能
術後の腫れがある

眉下切開法と重瞼線部切開法の違いは?

まぶたのたるみ治療には、大きく2つの治療法があります。2つの施術法の違いについて、イラストで解説いたします。どちらの施術が適しているかは、たるみの状態を診察後、アドバイスいたします。

眉下切開法

  • ・眉毛に沿って眉毛のすぐ下のあたりのたるみ、厚みを取り除きます。
  • ・残った部分を上に引っ張っるため、たるみで隠れていた元の二重(一重や奥二重)が現れてきます。
  • ・眉毛と目の距離が若干狭まります。

横から見た図

  • 施術前施術前
  • 施術後施術後

切開範囲図

患者の書いた眉墨のライン・切除する余剰皮膚

重瞼線部切開法

  • ・二重のラインに沿ってたるんでいる部分を切除します。そのため眉毛の下のあたりの厚みは切除されません。
  • ・二重に沿って切開するため、同時に二重も形成されます。

横から見た図

  • 施術前施術前
  • 施術後施術後

切開範囲図

切除する余剰皮膚

あなたはどっち? 目の上のタルミor眼瞼下垂

Aさん

Before
Aさん Before

Bさん

Before
Bさん Before

お写真の二人とも、同じように目の開きが悪く、どちらも一見眼瞼下垂の症状に見えます。
しかし、実はそれぞれ症状が異なります。

<Aさんの症状>まぶたのタルミ

手で瞼のタルミをつまみあげてみると、目自体は開いている状態です。しかし、加齢で垂れ下がったまぶたが目の開きにかぶさり、目が小さく見えてしまっています。このような症状を「偽眼瞼下垂」とも呼びます。このような場合には、「眉下リフト(眉下切開)」が適応です。

After
Aさん After

<Bさんの症状>眼瞼下垂

まぶたが垂れ下がっているわけではなく、目の開き自体が悪くなっています。こちらの方は「眼瞼下垂治療」で改善することができます。

After
Bさん After

このように同じように見える症状も、原因によって治療法が異なります。そのため、医師の診察を受けることが、目元のお悩みを解消する近道です。

無料写メール相談はこちら

施術の流れ

マーキング

眉墨(アイブロウペンシル)で理想の眉ラインを少し外側まで長めに描いていただき、お座りいただいた状態で、たるみの状態や左右の高さ、バランスを確認します。切開部となる眉下ラインの下縁にマーキングします。 切開部は本来の眉毛の温存を優先するのではなく、患者様の理想とする眉ラインに合わせます。

麻酔

上まぶた切開部分に局所麻酔を行います。痛みや起きた状態での手術が心配な方には、静脈麻酔※を行い、眠ったまま手術を受けていただくことも可能です。
※静脈麻酔代は別途料金

手術

余剰皮膚を皮下脂肪とともに眼輪筋上で切除します。皮下の剥離をほとんど行わないため、術後の回復が早く、腫れも少なくて済みます。最後に皮膚を縫合して終了です。

ダウンタイム

手術当日~3日間

洗顔とシャワーは、手術翌日から可能です。
抜糸(7日後)まで長時間の入浴や激しい運動は避けてください。
ご自宅では可能な限り患部を冷やしてください。
上まぶたが腫れぼったくなりますが、1~2週間で治まっていきます。

7日後

抜糸を行います。 個人差がありますが、縫合部分の赤みや内出血がまだ少し目立ちますが、縫合線に沿って眉ラインを描くことも可能ですので、メイクでカバーすることができます。

1ヶ月~3ヶ月後

傷跡が目立たなくなってきます。 個人差がありますが、赤みが強い方でも3ヶ月程度で目立たなくなります。

術後の流れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

当院ではダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を1週間分処方しています。
当院の漢方薬処方について ※当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。
※施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

どうして目の上がたるむの?

image

老化や紫外線の影響により、コラーゲンやヒアルロン酸など肌の弾力を保つ成分が減少していきます。
肌の弾力を失うと、皮膚が重力に逆らえなくなりたるみが生じます。また、眼球周辺の筋力の衰えもたるみの大きな原因の一つです。目の上がたるむと、腫れぼったくなり、とても老けた印象を与えてしまいます。

目の周りの皮膚は薄くて保湿力も弱く、皮脂腺も少ないため、20代~30代の方でも老化や疲れの影響が出やすく、お悩みの多い部位です。二重接着のり、コンタクトレンズ、パソコンの長時間使用などで目を酷使したり、花粉症などで目をよくこする方もたるみやすい傾向があります。
また、もともと上まぶたの皮膚が厚く、腫れぼったい目元の方は、眉下切開法で解消することができるため、一度相談してみてはいかがでしょうか?

無料写メール相談はこちら

施術の組み合わせで、より理想の目元に

眉下切開法(眉下リフト)は、他の目元施術と同時に行うことも可能です。
よりトータルな目元の若返りをご希望の方には、症状に応じて医師が適切な組み合わせ施術をご提案いたします。

眉下切開法では二重は形成されませんが、ご希望の方は同時施術も可能です。 同時に行うことによって、たるみ取りによりまぶたがすっきりとし、二重もくっきり形成され、華やかな目元になります。当院だけで受けられる、”より腫れない”二重術埋没法「マイクロメソッド+α」をご用意しています。

二重術(埋没法)

水に濡れても汗をかいても落ちない持続性のある「消えないメイク」で、傷跡を目立ちにくくすることも可能です。
※小林医師(東京院・熱海院)限定

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る