このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

まぶたのたるみに効果的なのは 二重埋没法?切開法?

POINT

埋没法、切開法、それぞれの魅力とは?

施術を選ぶ基準は、たるみ具合とまぶたの厚み

二重ラインを覆う以外のたるみにも要注意

まずは埋没法と切開法のちがいを理解しよう

埋没法 OR 切開法

老化や紫外線などの影響でコラーゲンやヒアルロン酸が減少することにより起こるまぶたのたるみ。一昔前よりお手軽になったことで、まぶたのたるみを改善しようと二重の施術を受ける人が近年増加しています。
二重術は「埋没法」と「切開法」の2つに大別されます。埋没法とは、極細の針でまぶたに1~4箇所(たるみの程度などによる)の穴を空け、そこに極細の糸を通して、たるんだ皮膚を折りたたむ施術。メスを使わないので腫れや痛みを最小限に抑えられるほか、後から幅を変えたり元に戻すことができるなど、そのお手軽感が人気です。

切開法とは、まぶたの上を切開してたるんだ皮膚や余分な脂肪を取り除く施術。たるみが進んでいる、皮膚が分厚い、脂肪が多いなどの理由で埋没法では理想の二重ラインを復活させるのが難しい場合に最適な施術といえます。また、数年後に元のまぶたに戻ってしまう可能性が伴う埋没法に対し、その心配が少ないのも切開法の魅力です。

自分のまぶたのたるみ方に適した施術法は?

一口にまぶたのたるみといっても、程度や症状、理想の仕上がりなどは人によってまちまちです。たるみの度合いやまぶたのタイプをいくつかピックアップし、それぞれにおすすめの二重術やたるみ改善の施術例をご紹介します。

TYPE.1 軽度のたるみ+皮膚が薄め〜普通

おすすめの施術:二重術マイクロメソッド+α埋没法(2点留め)
ダウンタイム:約2~3日

従来と比べてさらに細い糸(約0.05mm)と針(約0.33mm)を使うことで腫れや痛みを極限まで抑えるなど、聖心美容クリニックだけで受けられる最新の埋没法です。たるみが気になり始めた30代後半から40代の人にもっとも人気のある二重術といえます。

Before → After

TYPE.2 中度〜重度のたるみ+皮膚が厚め

おすすめの施術:眉下リフト(眉下切開法)
ダウンタイム:約1週間

分厚い皮膚はたるみを引き起こしやすく、加齢とともに二重ラインが狭くなったり、たるんだ皮膚が二重ラインに覆いかぶさってきつい目つきになりがちです。眉下リフトは、眉下部分の最も分厚い皮膚を切除してたるみを引き上げる方法で、自然かつ確実に美しい二重ラインを描けるのが特長です。失敗や傷跡を心配する人も多い切開法ですが、聖心美容クリニックでは、眉毛を残して傷跡を目立たなくする工夫と技術が活かされた切開法を採用しています。

Before → After

TYPE.3 重度のたるみ(三角目)

おすすめの施術:二重埋没法(2~3点留め)、眉下リフト
ダウンタイム:二重埋没法は約4~5日、眉下リフトは約1週間

たるみが進むと目尻が垂れ下がって三角のような形になり、さらにエイジングを感じさせる目元になってしまいます。著しいたるみには眉下リフトが確実といえますが、メスを入れたくないという人には3~4箇所留めをする埋没法もおすすめです。

Before → After

TYPE.4 加齢性眼瞼下垂(がんけんかすい)

おすすめの施術:眼瞼下垂埋没法(2点留め)、切開法(腱膜縫縮法)
ダウンタイム:眼瞼下垂埋没法は約3〜4日(主にまぶた裏側の腫れや違和感)
       切開法は約1週間

加齢によって、まぶたを持ち上げる筋肉である「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」が弱まり、まぶたが十分に開かなくなる症状です。加齢性ではまぶたのたるみを併発しているケースがほとんどなので、眼瞼挙筋の表面にある「挙筋腱膜」という、まぶたを引き上げる筋膜を縫い縮めることでたるみを改善します。目を開きやすくするだけの保険適用治療とはちがい、顔とのバランスやきれいな二重ラインなど見た目の美しさも考慮して施術するのは、美容クリニックならではです。

Before → After

ダウンタイム=術後、痛みや腫れなどが回復するまでにかかる時間

非常にデリケートなパーツなだけに、医師とじっくりカウンセリングすることが、仕上がりを大きく左右する二重術。希望する施術法や理想のデザインなどを伝えて、自分に最適な方法を選んでくださいね。

EXTRA くぼみ目もたるみが原因?

覆いかぶさるようにたるむ分厚い皮膚に対し、薄い皮膚のたるみはくぼみ目を引き起こしがち。目の周辺の筋肉が衰えることで脂肪が下に落ちることが原因です。このたるみに対しては、二重術ではなくプレミアムPRP皮膚再生療法」という施術が適しています。これは、自分の血小板を注入することで組織を再生させてハリを取り戻す施術法で、一般のクリニックで使用するヒアルロン酸にありがちな、塞栓症やチンダル現象(青白く見えてしまう現象)というリスクを負うことなく、くぼみに伴うシワを改善できます。

Before → After

二重術 施術一覧はこちら
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る